プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【イライラ社会を生きる】BBAの禅修行~自我(エゴ)から離れて真我をみる

f:id:mousoumajyo:20200627145933j:plain

自分の中の「まっ白空間」を手に入れるために修行中のBBA私です。

武士道からはじまり現在は「禅」の世界を覗きながら精神修行に励んでいます。

ありのままに真実だけを見るために「自我・エゴ」から離れる段階に

 

 

自我(エゴ)とは

真っ白な「人生」というキャンバスに

私の信念や観念や思いなどで描かれた絵のようなもの。

「私が見ている世界」であり「私が私と思っているもの」

 

f:id:mousoumajyo:20200627150624p:plain

 

 

それをまた白地のキャンバスに戻す作業が

どうやら自我(エゴ)から離れ真我になるための

「私の解体作業」なんですって。

 

理屈で理解できないと先に進めない私の「禅」の参考書

 

“それ”は在る

“それ”は在る

 

 

でも私の場合、まっ白になりたいわけではなく

いつでも真っ白に戻る精神を手に入れたいだけ。

イメージで言うと「タカラのせんせい」みたいに。

せんせい SMC-01 アプリでうごく!おえかきせんせい

せんせい SMC-01 アプリでうごく!おえかきせんせい

 

色々と描きまくっても

サーっとなでれば「白地」に戻るキャンバスが理想なの。

 

という話を踏まえて

自我エゴから離れて真我を見る修行に参りましょう。

 

 

自分が長年かけて築いてきた自我(エゴ)

人は誰もが根底に「自分は特別な存在である」という思いを持っている。

「特別な存在」とは「only oneな存在」という意味でね。

 

だから人は生きている間に

他者と自分を分ける「自我・エゴ」を

どんどん積み上げ強化してくのだという。

f:id:mousoumajyo:20200627145614j:plain

他者と自分を分けるものであり、

他者から見た「私」なのだ。

そして私が「私」と思っているのも自我・エゴなのです。

 

私がこれまでの人生でずっと積み上げ続けてきた

  • 観念
  • 信念
  • 思い
  • 感じてきたこと
  • 教育(真実だと教えられてきたこと)

これらが私を構成するものであり「私」と思っていたもの。

 

でも、本当の私(まっ白な私)は

自我の要塞(城壁)そのものではなく

積み上げている作業者が私なのです。

 

特別な存在、オンリー・ワンであるために

他者と自分を分けるためにせっせと築いてきた自我から離れ

真我に気が付くと気が来たようです。

 

積み上げてきた自我(エゴ)の解体作業

f:id:mousoumajyo:20200627145933j:plain

積み上げてきた作業を逆にするだけ

1つ1つ解体していき

f:id:mousoumajyo:20200619163035j:plain

観念や信念や感情から解放された

「センターポジション 0(ゼロ)」の自分を手に入れる。

 

今までの自我を捨てるのではなく

「私」を自我から解放して自由にする感じ。

 

私が「私」と思っていたもや

私が見てきた「世界」というものが

私の持つ「観念」だったと見つめ直す作業ですな。

 

自我ってどうせまたオートで積み上げちゃうし

積み上がっていちゃうモノだとBBAは思っているんですよ。

だからこそ、いつでもその積み上げた自我から

するっと抜け外側から眺める自分を手に入れたいのよ。

 

他者との比較「勝か負けか」それが自我の栄養分

自我・エゴを強大化してしまうものとは?

自分の思い込み以外にも

「他者の存在」があります。

 

f:id:mousoumajyo:20200627154651j:plain

他者との比較

  • 勝ちか、負けか
  • どっちが優れているか
  • 何を持っているか

こういった他者との比較(競争・上下意識)が

エゴの養分となり、どんどん肥大化させていくんですって!

φ(..)メモメモ

 

でも、憧れや目指すべき人が見えていないと

どこに進んでいくか迷子になっちゃうので

ここは意識のバランスとることが必要ですな。

 

俗世間を雑念いっぱい抱えて生きるBBAの修行は続く

映画もまたBBAにとって貴重な教えを与えてくれるのです。

映画観よっと。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村