プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第17首~まとめ「カムナガラによる現象化の構造」

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

カタカムナ第17首は内容が濃い目だったので

ここで「まとめ」をしておこう☆

ムーア人も「相似を教える」のは大事だつーてかもんなぁ

 

 

 

カタカムナ第17首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220110140139j:plain

では、声にだして詠んでいきましょう☆

音の響きを感じるのです~

 

f:id:mousoumajyo:20220110140850j:plain

f:id:mousoumajyo:20220112145444j:plain

一通り読めたら、次は「何を示しているのか」

脳内にイメージを描きながら2周目どうぞ。

 

カタカムナ第17首の示し:現象化の流れ

カタカムナ第17首は「潜象カム界の根源の力」が

カムナガラ(関わり)」しながら

現象化を進めていく様子が描かれているようです。

 

カムナガラ

「潜象カムの根源力」が現象化の間に「カ」として

何度も発生を繰り返しながら

②トヨヒのカミとなり

重合性と四相性の性質をもった「ヒ」=トヨヒ(万物万象の根源)となり

その「ヒ」の内奥(中心核)には

根源の力の「カ」と現象化の力「ミ」が秘められている

③アマウツシされて

生命のマ=現象界アマに映されて、

(根源の力を秘めた粒子として発生)

④ヤホトヨノ 

飽和限界(ヤ)まで正反発生・親和重合を繰り返して

現象(トヨ)に変還して

⑤ユツイキ フタネフタハシ

発生する個々の極微粒子が「生命の二つの根として」

ふたつの正反として示される

⑥ウキフツミ

そのウ界面から発生して増える個々の粒子が集まり「ミ」となる

⑦タカマカ カヅムスヒヌシ カタカムナ

現象の間に分かれ出た根源の力「カ」(タカ)と間の力(マカ)が、

「カ」の変還の個々粒子を発生する潜態の主(核)にあるのは

カタカムナ(カがタしたカムナ・潜象の力の核)」であり

⑧マカハコクニノ ヒトツカタツ

”現象の間に働く「カ」と現象の間の性質によって

構成された物(原子アトム)が変還し万物万象に成っていく”

という「ヒトツカタ ツミ」である。

 

◆現象界アマのすべての根源は「カとミ」

現象界アマをつくっているのは

アマ現象界に「アマウツシ」された

潜象カムの「カムナ(カムの核)」と根源の力の写し(変還)

「カ」と「ミ」である。

 

カとミとは

  • カ=タカミ、ミ=カムミ
  • カ=カタカムナの力、ミ=アマのサヌキ・アワの2つの渦のミ
  • カ=潜象カムの力、ミ=現象アマの力

この「カ」と「ミ」の力が

現象の間のマカとなり「ハコクニ・構造物」を生成していくってわけです。

 

正反発生・正反引き合い(ハ)粒子の回転運動(コ)を続けながら

自由に(ク)定着(二)され多種多様な構造を形成していくのです。

 

なんか、17首だけで「すげー疲れた(^^;」

ので今日はこの辺で(早寝します)

 

第18首へつづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村