プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第22首~②モコロシマ とは

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

「モコロシマ」っていうのは「電子雲」や「フォトンの衣」のような状態

をさすのではないか?と思った私です。

 

 

カタカムナ第22首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220210153502j:plain

第22首は一字一音の表記なので

もしかしたら、このままで詠める方もいるかも(^^)

 

カタカムナ第22首】

アメオキミツゴ モコロシマ

アマツアキツネ ツクシシマ

オホト ヤシマ

 

なんかリズムもいいでしょ~和歌のリズムだよね~

では、解読へ

 

◆「モコロシマ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220210154257j:plain

  • モ(次々と、藻のように漂う)
  • コ(転がり出入、コロコロ回転、繰り返し、動き・働き)
  • ロ(空間、抜ける、連なる、凝集連合し奥からあらわす)
  • シ(示し、現象、霊性の示し、司る)
  • マ(間、真、現象の間)

アメ⇒オキ「ミツゴ」⇒ミツゴの「モコロシマ」になる

って流れです~

 

◆「モコロのシマ」とは

モコロのシマ…なんのことだと思いますか?

何となくこの音のヒビキで脳内に湧いてくるイメージありませんか?

 

アメがアマ現象界で「オキ」環境場に立体化して発生し

「ミツゴ」の「ミ」の纏まりを生成していき

更にその「ミツゴのモコロシマ」になるというのです!

 

現象の間の性質(力・作用)として

根源の力の粒子が正反発生+親和重合を繰り返すのですが

その「カカワリ」方は「練る、こねまわす」感じで

弾力性と粘り気を感じるのです(私の感覚ですけど)

 

「モ」という音が示す『藻のように漂う』感じというのも

どこか粘度を含んでいる気がしてなりません。

「コロ」という言葉は、回転運動する個々粒子が連なって「マトマリ」となった状態

 

という事は「モコロ」とは、ミツゴのコロが

粘り気と弾性をもった濃密なまとまりとなった状態になります。

 

そんで「シマ」とは「間に示されたモノ」ってことらしい。

「シマ」っていうのも深い意味がありそうだけど「存在」「有る」ってニュアンスで今は受け止めております。

 

◆「ミツゴのモコロシマ」とは

f:id:mousoumajyo:20220208155016j:plain

この「ミツゴ」の「ミ」のマトマリが

回転運動を繰り返し、濃密な「マトマリ」になったもの…

 

今の私のイメージできるところで言うと

原子核かなと思っております。

f:id:mousoumajyo:20220109143340j:plain

 

もしかしたら「原子核~原子」なのかなぁ

原子核は電子雲をまとっているし、電子はフォトンの衣をまとってるから

その辺までを含めての「モコロシマ」なのかなぁ…

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村