プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第31首まとめ~「潜象の根源力から現象の核(原子核)発生まで」の示し

第31首は”「潜象カム界の根源力=カ」が

現象化の間でいかにして「原子核~原子」を生成するのか?”

がもの凄いテンポで示されております。

 

 

それでは、まとめもササッとテンポよくイッテみよう!

 

 

カタカムナ第31首を詠む

声に出して、音を響かせ歌いましょう♪

「イモマクカラミ~」の行が2重に表記されちゃってるけど1回読めばOKです~

 

では、このウタの示しを「全体」で捉えていきましょう☆

 

カタカムナ~イモ~マクミワクタマ

この歌は「潜象カム界の根源の力」が現象化を起こす流れを

現象の核(原子核~原子)発生までで詳しく説いてくれております。

 

でも、サクッとまとめで放出

こんな内容が示されてるよ~

 

◆「イモ~マクミ、カラミ」で現象化の三素量が揃う

 

◆三素量持つ「イカツ」~原子核・原子へ

イモの状態でこの3素量が纏まっているわけです。

イメージしてみましょう☆

ミツゴマリをミツゴのマリから「イモ」のイメージを取り入れると

我々がよく知る「物質のはじまり」が現れてきた!

んで、ここから更に「オモタルヌシ=質量の本質」にまで話は進みます。

 

ちょっと、急用できたんで今日はここまで

(次回は「オモタルヌシ」がE=mc2乗につながるってところへ)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村