プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第31首まとめ②質量の本質は物質内の「カの渦」の回転エネルギー⁉

一気にまとめきれずに第31首まとめの後半戦となります。

ここでは、「カタカムナ⇒オモタル シヅマリヌ クニヌシ」の部分をまとめたい。

 

 

 

カタカムナ第31首を詠む

声に出して、音を響かせイメージを描きましょう☆

 

カタカムナ第31首】

カタカムナ オホトノヂ カムミムスビ 

イモオホトノベ マクミワクタマ

モカラミ マクミ トノヘシ カタカムナ

サカキメグリ ノ カム ヤタマリ

オモタルヌシ シヅマリヌ クニヌシ

 

よーし、後半部分まとめてみよう~♪

 

◆サカキメグリノカムヤタマリ=オモタルヌシ

ここまでの歌の流れでいうと



「イモ マクミ カラミ」から電気素量+磁気素量+力素量の

ミツゴマリ「原子核~原子」の姿(構造)が見えてきました。

 

んで、この3つを生成しているのも、纏まりにしているのも

カタカムナの力の変還」であり

カタカムナオホトノヂで発生したカムミが

オホトノベ  カラミ マクミ トノヘシして

現象力サヌキ(右渦)と潜象力・アワ(左渦)のフトマリになり

それが「カム ヤタマリ」となり

それが「オモタルヌシ」に成るんだよ~

って流れですよね。

 

次に続く「オモタルヌシ=シヅマリヌ クニヌシ」と一緒に考えねばならないのですが

それでもここでハッキリと「オモタルヌシ(質量の本質)」は物質を構成する

根源の力の変換+重合「サヌキ+アワ=右渦の現象力+左渦の潜象力のフトマリ」の

「旋転巡回」にあるよ~って云うてます。

 

つまりは潜象現象ですが超間近で見れば「2つの力の旋転巡回=運動エネルギー」であり、少し引きで見れば「振動エネルギー」なんですよ~っていってますよね!?

 

◆「オモタルヌシ=シヅマリヌ クニヌシ」~E=mc2

次に31首では「オモタルヌシ=シヅマリヌ クニヌシ」と示しています。

”「オモタルヌシ=質量の本質」は「 クニヌシ=現象物・物質の核」にある”

ただのクニヌシではなく「シヅマリヌ クニヌシ」となっているので

そこを踏まえて解読の先輩方のよみを参考にさせていただくと

「原子、分子、細胞等の核」になり、更に

⇒静まり安定した潜態(シズマリヌ)の「原子核」なんだそうです。

 

サカキメグリノ カムヤタマリ=オモタルヌシ=シヅマリヌ クニヌシとつなげると

ここで質量の本質が「原子核内のエネルギー」って現代科学と結びついた!

私が「質量の正体」を知ったのはこちらの動画のおかげ


www.youtube.com

 

カタカムナが凄いところは、これが本当に超古代日本文明の智恵だとして、

縄文時代より以前の日本人が「質量の正体」だけではなく

原子・分子・細胞~原子核の構成に加えて

 

電気・磁気・力の三素量を示す「素粒子」の存在も掴んでいたことです。

 

どうしたわけか「イモ」の知識からし

どのように三素量がカカワリ合い空間に存在しているかも

分かっていたようで…凄過ぎ!!

 

んで、「大統一理論」的な「カタカムナ」の智恵をもって

この世界を見ていたのかと思うと…浪漫溢れるよね。

 

では、第32首でお会いしましょう☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村