プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第36首~全体まとめ(生命細胞と水分)

私なりに何度も36首を詠んで、イメージできたものを

まとめとして書き残しておきたい。

 

 

 

カタカムナ第36首を詠む

声に出して音を響かせ、内容をイメージしましょう☆

 

カタカムナ第36首】

カムナガラ オホワタツミ カハウミワケ

イカツ アワナギ アワナミ カタフトムスヒ

オホトノヂ アメノミクマリ クニノミクマリ

ツラナギメグル トヨツラナミ

 

では、何が語られているのか「ウタの示し」まとめを

◆第36首の内容を図解

カムナガラ(カムのカカワリ)によってオホワタツミ(現象化粒子~生命細胞)がつくられるのは、

 

カム界の根源力・無限の力が

アマ界の現象の間をつくり、湧き出し

カハウミワケにより「サヌキ+アワ」の生成力・フトマリ「ヒ」として

間に満ち

オホトノヂによって

「オホトヒワケ」された「ヒ」が

アメノミクマリ⇒クニノミクマリとなり

 

カ⇒ヒ(ヒコ)⇒ミ(ミクマリ)⇒それが更に纏まり「トヨ」の「ツラナギ」+メグル「ツラナミ」となる。

 

◆原子(アトム)~大きく纏まり「細胞」へ

「オホワタツミ」というのはカムナガラの力で

現象界・現象化の間(環境場)に練り込まれた生成力が

環境場に適合した「現象化粒子」を発生させる、

というのが本来の意味だろう。

 

環境場への親和重合性と分離発生性をもった「現象化粒子」

それが「オホワタツミ」

これがどうして「生命細胞」と先輩方が解釈したのか?

「オホ=大」という意味を持つので「大きくワしタするツミ」だから

オホトノヂで間で何度も練りあげられ

複雑な構造・設計を秘めた状態に進んだ現象化粒子としたのかな、と。

 

 

35首に登場した四相性をもつ「オシヲ」っていうのは

更にグッと寄って覗いてみると

まー原子(アトム)ですよね。

これらが連なると分子~さらに連なり 生命・現象と形を成していくわけです。

そこに生命細胞もあるわけです。

 

オシヲのもつ四相性って「カ・ヒ・ミ・イ」ともとれるとおもうんですよ。

 

カ⇒ヒ の変還については、なかり示されてきたけど

ヒ⇒ミ が具体的に示されたのは今回の「ミクマリ」が初では⁉

 

「ミクマリ」は潜象ミの粒子~マリですが

それは「すべてのイ」に秘められているわけです。

「イモ」で伴っている場合も含めて。


「ミ」のマリの状態が「ミクマリ」という音の響きを持つならば!

「オホワタツミ」が日本神話の「海の神(海の神霊)」の御名であり

海そのものを示し「海=生み=ウ界面からの発生」をイメージさせるよね。

 

更に、36首は海~水に関わる神の名がずらっと並んでいるのです。

 

◆「ミクマリ=水分の神」

ミクマリは潜象のミ粒子の纏まりでありつつも

水分の神の御名であることから 「ミの力」の顕在として

「水(水分)」が有り、この世界は水分で満ちていると思ったんです。

 

生命細胞内にも水分は欠かせないし

人間の体内60兆個もの細胞を繋いでいるのも「水分」なんですぞ。

海にも大気中にも地中にも水分は満ちているし。

 

ということで「ミクマリ=水分」の示しであり

水(水分)はカムの力が変還した「唯一の可視化エネルギー」なんじゃないかと。

(私の勝手な今の解釈です)

 

そうなってくると、

以前、集合意識というのは空気中の水分に記録された

人々の意識(感情・想い・思考)だと本で読んだことが

今はとてもよく理解できるのです。

 

ここで気になって「水の分子構造」を調べてみると

面白いことがどんどんわかってきたのです。

水が創る正四面体構造や

氷が創る正六角形の纏まり~結晶など

更に「水」というのが不思議な物質であることも。


www.youtube.com

 

当たり前に在るし、普段も接してるから「特異な物質」意識ありませんでしたが

今の私にとって「水」は物質というよりエネルギー態に見えるのです。

 

じつは「まとまっていない」全体まとめですが

そのままにして第37首へ進んでいきます!

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村