プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第36首~③イカツ アワナギ アワナミ とは

カハ ウミワケされ出現したの「イカツ アワナギ アワナミ」とは?

 

 

 

カタカムナ第36首を詠む

声に出して音を響かせイメージしましょう☆

 

カタカムナ第36首】

カムナガラ オホワタツミ カハウミワケ

イカツ アワナギ アワナミ カタフトムスヒ

オホトノヂ アメノミクマリ クニノミクマリ

ツラナギメグル トヨツラナミ

 

では、まいりましょう~♪

 

◆一音一音の示し

イカツ」

  • イ(伝わるもの、陰、あらゆる生命体を構成する最初の最小のハジマリ)
  • カ(根源の力、はじまりの力、ちから)
  • ツ(集まる、個々の、津々)

 

アワナギ

  • ア(感じる、生命、現象化、はじまり)
  • ワ(調和、輪、和、環)
  • ナ(核、重要なもの、夥しい、何回も)
  • ギ(気、エネルギー、発生、潜象の干渉)

 

「アワナミ」

  • ア(感じる、生命、現象化、はじまり)
  • ワ(調和、輪、和、環)
  • ナ(核、重要なもの、夥しい、何回も)
  • ミ(実、身、実体、光、生命力の実質)

 

では、音をまとめて「ことば」にして解読を

 

イカツ+アワナギ+アワナミとは

「カハ ウミワケ」によって出現したのが

  • イカツ(根源の力を秘めた現象化粒子にして電気粒子)
  • アワナギ(潜象の力・アワを秘めた核成すエネルギーの粒子)
  • アワナミ(潜象の力・アワを秘めた核成すミ粒子)

ここから「アワナギ」「アワナミ」のイメージをふくらますと

アワナギ」=アワの力を秘めたエネルギーを何度も発生するもの

「アワナミ」=アワの力を秘めたミ粒子を何度も発生するもの

 

つまり「イカツ(電気粒子)」にイモしている潜象のミ粒子と

そこにあるエネルギーを合わせて「アワナギ・アワナミ」と示しているようです。

 

◆カハウミワケによってサヌキ・アワのミが発生

イカツ・アワナギ・アワナミの出現により

先の「カハウミワケ」の示しがよりクリアに!

 

どうやら「カの正反」により

  • 現象界の力(形成す力)=サヌキを秘めた「ミ」=現象粒子・ミと
  • 潜象界の力(潜在する力)=アワを秘めた「ミ」=潜象粒子・ミと

2つのカの正反「ミ粒子」が界面から発生し、

それがイカツ(現象化粒子・電気粒子)となり

アワナギ+アワナミの潜象のミ粒子とエネルギーとなり

「イモ」してイカツに伴っているわけですな。

 

アワナギ・アワナミはイに藻して存在しているので

それぞれが単独で存在することは無いようです。

 

私は最初「イ=電気粒子=電子」と思っていたのですが

「イ=電子・陽子・中性子」であり「原子」を創るサヌキで、

「ミ=原子の中に働く媒介粒子やエネルギー」のアワを指しているようですね。

 

カタカムナ人はどうやって量子の世界が見えていたんでしょう?

やっぱ第三の目(松果体)で感受してたのかな。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村