プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナが説く「量子の世界」~カタカムナ文字とボーア原子モデル

f:id:mousoumajyo:20211215161549j:plain

カタカムナ文献(歌)の解読をしつつ、

どうしても文字の形状・構造・法則性が気になり

【Semiotics】面からも追っている私です。

 

 

カタカムナ文献(全80首の歌)の内容を追っていると

どうやら「現象界の成り立ちをミクロな目線で追っている」ってことはわかる。

はじまりが潜象界の根源の力で、それが現象化に向け

「ヒ・フ・ミ・ヨイ」と変還していくわけでしょ~

 

そこで私はカタカムナを「物質のはじまり」から探っていくことにした。

カタカムナが説く世界を理解したくとも

「私の知っている範囲で私の理解できる範囲」に限られてしまうので

できるだけ今の自分の知識を外側に持っていく方向で…

 

と、最近の私は「ゆっくり解説動画」でミクロの世界を学んでおります。

そこでまず、こちらを見ながら「はっ」としたわけです~


www.youtube.com

 

もう、このサムネだけで「カタカムナ文字」や~

「ヤタノカガミ」図や~ってなったわけです。

 

神聖幾何学だと「3」と「6」が基本となり

フラワーオブライフとかに幾何学図形が広がっていくのですが

カタカムナ文字は十字と八方位が基準なので「謎」だったのです。

 

何からきてるのかな~って。

んで、カタカムナは生命体を構成する最小のマリを「イ」としてますよね。

イカツ=電気粒子」なので、ボーアの原子モデルを見て「あ!」となった。

f:id:mousoumajyo:20211219175118j:plain

カタカムナ人は超古代時代にして既に

「ここまで見えていたのではないか?」と思えたのです。

 

原子に核(ミナカヌシ)があって

そこに「イ粒子」がどうやって纏まっているか?

L殻に注目してほしい⇒もうカタカムナのヤタノカガミ図や~

 

f:id:mousoumajyo:20211219175600j:plain

 

んでな、ボーア原子モデルから電子の位置を「電子軌道」=電子雲・確率雲で

見ていくと「イモ」って言葉の意味がよく分かってくるのだよ!!

 

だからカタカムナ人は「イが藻のように漂う粒子」だと知っていたんじゃないかと。

しかも原子核に対する「安定形状」まで知っていたんじゃなかろうかと。

 

それに、ここからはじまって

カタカムナと現代の「量子力学」の世界を覗いていくと

結構がっつりと繋がってくるのだよ~(若干怖いほど)

 

あと、ずっと詳しく言及するのはずっと先になるかもしれないが

カタカムナ文字が複数音を1文字で合わせ表記する時に

抱いていた疑問の「解」として

カタカムナ人は3つ目の眼を持ち、

この世界を我々より高次元的に見ていたんじゃないか?」

と思えてきたのです。

 

イメージ的に「位相幾何学」の視点で見えていたのかな?と。


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

我々が3次元認識している空間は

  • ソコ(膨張~アワ)
  • ソギ(収縮~サヌキ)
  • シマ(流線~ナミ)
  • マリ(粒子~ナギ)

の性質と力の変還作用によって

粘土のように常に練り転がされ変形しているのかもしれません。

そんで出来るだけ「複雑な形」を目指しているのかもね。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村