プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第31首~⑤オモタルヌシ シヅマリヌ クニヌシ

あ!ここ「質量の主」が「原子核にある」ってことを

そのまんま云うてるやないか~超古代日本人(仮)すげ~

 

 

 

カタカムナ第31首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第31首】

カタカムナ オホトノヂ カムミムスビ イモイホトノベ

マクミワクタマ イモカラミ マクミ トノヘシ カタカムナ

サカキメグリ ノ カム ヤタマリ オモタルヌシ シヅマリヌ クニヌシ

 

第31首の解読も最後の部分まで来ました!

 

◆「オモタルヌシ シヅマリヌ クニヌシ」音の示し

3つに分けて一音一音の示しを

「オモタルヌシ」

  • オ(奥深く、広がる、環境、六方環境)
  • モ(藻のように漂う、次々と)
  • タ(分かれ出る)
  • ル(留まる、湧きだす、存在する、流転的に循環するあり方)
  • ヌ(突き抜く、貫く、見えない力・存在)
  • シ(示し、現象、司る)

「シヅマリヌ」

  • シ(示し、現象、司る)
  • ヅ(個々の、集まる、津々)
  • マ(間、真、現象界の間、受容)
  • リ(離れる、対向発生)
  • ヌ(突き抜く、貫く、見えない力・存在)

「クニヌシ」

  • ク(引き寄る、自由な)
  • ニ(定着、圧力、現れ、結実)
  • ヌ(突き抜く、貫く、見なえい力・存在)
  • シ(示し、現象、司る)

 

◆オモタルヌシとは

オモタル(質量)の主(ヌシ)=「質量の本質」

いきなり「質量の本質」に迫ろうというのか!?

 

無知な私は最近『質量の本質』を知ったばかりだというのに…

しかも「ゆっくり解説動画」で知りました(ゆっくり解説さん、ありがとう)


www.youtube.com

 

オモタルを示す、目に見えない力(ヌシ)が在るって

わかっていたんですかね、古代日本人(仮)…凄い、凄い知能レベルや!

 

一音一音の示しから「オモタル」という言葉を覗くと

「現象化の間に存在するモノ」を指すようにも感じられますね。

だとすると「オモタルヌシ=存在の本質」

 

 

◆シヅマリヌ クニヌシとは

シヅマリヌ=静まりぬ(ぬ=完了形?)

音の示しから読み解くと

⇒示された個々のマリの目には見えない(潜象の貫く力)

 

クニヌシ=現象物(クニ)の主(ヌシ)

音の示しから読み解くと

⇒自由に引き寄り、定着したクニ(現象物)の見えない(力・存在)示し

 

これだけだと「う~ん」と成りますが

現代日本語からのイメージで補填していくと

”「静まりぬクニの主」=安定した状態の現象物(存在)の主”

 

つまりは現象物・存在の「中心にある核」を指しているようです。

 

◆質量(存在)の本質=シヅマリヌ クニヌシ

「オモタルヌシ シヅマリヌ クニヌシ」が示すモノが2つ見えてきました!

①質量の本質は「シヅマリヌ クニ」の内奥になる見えない主(核)

 つまりは、様々なハコクニ(原子・分子)の「ヌシ=原子核」にある、と。

 

もう1つは

②存在の本質は「シヅマリヌ クニヌシ」にある。

 ”現象物・存在を構成する個々粒子の安定した纏まりの

 内奥にある「目に見えない力の示し=中心核」”

 

すべては「相似象」なので、どっちもが説かれている気がします。

 

全体を通して第31首を詠むと

「質量の本質」がエネルギーって話になっており

『E=,mc(2乗)』に繋がってるんです。

 

(全体まとめへ続く)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村