プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第24首~①アメクニサギリとは (天之狭霧神・国之狭霧神)

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

山と野の神が生んだ対なる「霧の神」の御名が登場だよ~

イザナギイザナミの孫神たちにあたります~

 

 

 

カタカムナ第24首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220215153035j:plain

声に出して、音を響かせ「ウタ」を現象化しましょう☆

 

カタカムナ第24首】

アメクニサギリ モコロシマ

アメクニサツチ ソコソギシマ

タケヒワケ

 

声に出してみるとわかると思いますが

「アメクニサギリ モコロシマ」と「アメクニサツチ ソコソギシマ」で対になってる。

 

でも、まずは「アメクニサギリ」の意味をよみ解いておきましょう☆

 

◆「アメクニサギリ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220215153642j:plain

  • ア(感じる、生命、現象)
  • メ(芽、目、思考、指向、渦の目)
  • ク(自由に、引き寄る)
  • ニ(定着、圧着、圧力)
  • サ(差、遮り、現象の干渉)
  • ギ(気、エネルギー、発生)
  • リ(離れる、対向発生)

ここから音を連ねて「言葉」にして解読を

 

◆アメ+クニ+サギリ とは

「アメ」

=生命・現象(ア)の芽(メ)

=生命・現象の思考・指向性をもった芽

=生命・現象の思考・指向性をヒメた核

 

「クニ」

=自由に引き寄り(ク)定着・圧着(二)されたもの

=アメがクニした⇒「現象物」のこと

 

「サギリ」

=差(サ)によって分離発生・対向発生した気・エネルギー(キリ)

=咲き・割き+離 ⇒ 分離発生 界面を裂き発生

 

このままだと「ぼんやり」としか見えてこないので

日本神話の力も借りて解読しましょう☆

 

◆アメノサギリ=天之狭霧神

アメクニサギリ=アメノサギリ・クニノサギリ の2つを示している

とすると

 

アメノサギリ=アメが持つサギリの「力」・「エネルギー」

んで、これがどんなイメージかっていうと

天之狭霧神」から想像しますと『山頂に掛る神聖な霧』だそうです。

 

天と地、潜象と現象の「界面」に湧く

境界の守護神みたいな存在らしい。

だから、霧の中に入って「異世界を見た」って人が結構いるのも納得!

 

◆クニノサギリ=国之狭霧神

クニノサギリ神はアメノサギリ神と対になってる霧の神です。

山の神と野の女神の子なのだ。

 

天と国=天と地をさすので

たぶん「 国之狭霧神」というのは山(山頂)だけではなく

朝靄含め広く「大地に湧く」・「地上空間に掛る」霧のことかと。

 

霧に囲まれると「いつもと違う場にのまれた」感じありますよね。

 

「サキリ」=「神聖な霧」というのは

場に現象(姿を以って)として湧く力+存在エネルギーのことかも。

 

◆アメクニサギリ と アメクニサツチ

「アメクニサギリ」と「アメクニサツチ」で対になっているので

アメクニサツチの方の意味を解明することで

更に「アメクニサギリ」の姿も鮮明化してくると思われます。

 

場と一体化した力の状態(マカ)から、

更に場の一部なんだけど「場から分離して個として存在」する時

つまりは現象の間の中に「万物万象」として姿を現す時に

この「サキリ」のエネルギーが必要なようですね。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村