プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第32首~⑧イヨノ イヤシロチ とは

遂に「イヤシロチ」まできた(;;)

よし、32首の結び部分の解読へ参ろう~

 

 

 

カタカムナ第32首を詠む

声に出して、音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第32首】

アマノカミ アメノヨロヅ クナギノタマワケ

アヤクメシコネ カムツミ シヅマリヌ

イツノタテカム アワナギ カサネ

アハヂノ ホノサワケシマ イヨノイヤシロチ

 

では最後の部分の解読を

 

◆一音一音の示し

カタカムナ文字の表記をよく見ておきましょう☆

「イヨノ+イヤ+シロ+チ」この音の纏まり…(‘~‘)

 

  • イ(伝わるモノ、陰、あらゆる生命体を構成する最小単位の粒子)
  • ヨ(新しい、陽、四相性)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • ヤ(飽和する、飽和安定・極限崩壊)
  • シ(示し、現象、霊性の示し)
  • ロ(空間、抜ける、凝集連合し奥から現わす、連なる)
  • チ(凝縮、持続的に)

では、音の纏まりで「ことば」にして解読をすすめていきます。

 

◆「イヨノ」とは

カタカムナ文字の示しが「イヨノ」1字なので

これで全体1つの「何か」を示しているようです。

 

音の示しから見ても「イヨ=陰陽」だし、

更には「イヨ=四相性をもつイ粒子」が見えて

ここの「ノ=変還・変化性」を加えると

四相性をもって変還・変化を繰り返す「イ粒子」

更に踏み込むと「イ粒子=現象粒子=電気粒子」なのです。

「イヨノ」=四相性・変化変還性をもつ現象化粒子(電気粒子)「イ」

◆イヤ+シロ+チとは

イヨノが「イヤ+シロをチする」

  • イヤ=イが飽和限界(ヤ)まで進み
  • シロ=示され、奥から連なり現れる
  • チ=凝縮、持続

イヨノが「イヤシロ」し「チ」する力

イヨノが「イヤシロ」を持続する場(チ)

 

◆イヤシロチ=イヤシロ地

”「イヤシロ地」ってのがアマ界には在る”

って云うてますよ~

 

現象化粒子である「電気粒子・イ」

⇒そのイが「イヨノ」四相性・変化性を持った電気粒子として

⇒極限・飽和まで示され湧き続ける場がある

 

常に生命波動・現象電気粒子「イ」が豊富に湧きだしている場が

アマ界には在るんです。

 

これは!

我々の肉体に「気の流れ」「経絡」「ツボ」がある様に

地球に磁場の強い場がある様に

アマ界の生命・現象はその内にイヤシロチを持っているようです。

 

人間でいうと電気が豊富に湧く場=「脳」もそうですよね。

ちなみに「脳」は古語で「ナヅキ」っていうんです(音に注目)

 

では、次回頑張って「全体まとめ」してみようと思います。

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村