プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第34首~⑧オホタマル ワケ とは

「オホ タマル」なんのことでしょう?

第34首の解読のつづきへまいろう☆

 

 

 

カタカムナ第34首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第34首】

アマツミソラノ アメヒトツハシラ 

サドオホヤマト イヤシロチ 

タニキビコ アキツノ イヤシロスベ 

シマカサネ オホタマルワケ オホコトオシヲ

トワチカ フタヤヒメ

 

では、どんどん進めてきましょう☆

 

◆一音一音の示し

  • オ(奥深く、広がる、環境、六方環境)
  • ホ(引き離す、正反発生+正反親和)
  • タ(分かれ出る、独立発生)
  • マ(間、真、感受、現象界の間)
  • ル(留まる、湧きだす、存在する)
  • ワ(調和、輪、和、環、枠)
  • ケ(放出する、様々な変化性を発揮)

ここから音を重ねて「ことば」にして解読を

 

◆オホ+タマル+ワケとは

カタカムナ文字の示し通りに音を纏めると

「オホ」「タマル」「ワケ」となります。

 

●「オホ」とは

現象化の場=環境(六方環境)に於ける正反発生+親和重合

つまりは「アマ現象化環境場における根源力の練り込み・適合」だと

私は今のことろ理解しております。

 

●「タマル」とは

”分かれ出て、現象界の間に湧きだしたモノ=「現象・存在」”

私の勝手なイメージですが

その湧きだした時の様子が「タしたマル」状態なんじゃないかと。

つまり丸、球体の状態で発生ってこと。

 

この「タしたマル」で湧きだすのが、なんか重要な気がしております。

 

●「ワケ」とは

ワからケする=和・輪からは放出される=分けられる

「ワ」は調和した纏まり、大きなマトマリのイメージです。

 

●つまり「オホタマル ワケ」とは

「オホによってタしてマにタマルの状態で発生、マからワケられたもの」

ざっくりいうと

現象界の間に出現・発生した「現象・存在」=生成された万物万象

 

◆古語で見る「オホタマル」

古語で「オホ」「タマル」で調べると面白い結果が!

  • オホ=大きい、広大な、量が多い
  • タマル=集まってたまる、集まり積もる、とどまる

ほほ~どうやら現象界に出現した「巨大な集合体の丸・球体」を示しているようです。

 

”たくさんの粒子の集合体”でもあり、

”巨大で広大で量が多い、集合体の球”なわけです。

この時点で相当な情報量やオモタルを持っているようですな。

 

この現象の間に出現・存在を示す「巨大な集合体の球」って何だと思いますか?

  • 地球や太陽や宇宙空間に存在する「星」たち?
  • 元素・原子・分子?
  • 受精卵~生命細胞~生命?

たぶん、この世界はすべて「相似象」なので

これらすべてのことかと思われます。

基本的には「発生の元始の示し」なので”原子核~原子~分子”当たりのことかと

思われますが、マクロもミクロも基本法則・構造は一緒なのです。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村