プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第8首②宇摩志阿斯訶備比古遅神登場!「アシカヒビコ」解読

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

第8首は天地開闢における第四の神の御名が登場!「ウマシ タカカム アシカヒビコ

何気に「タカ・カム」部分は第二・第三の神の御名だったりして…

 

 

カタカムナと共に日本の神話を読み解いていくと

非常に面白いことになっていきます。

面白さ倍増だぜ~

実は日本の神話に出てくる神々の名や地名が

この世の真理=物理を示しているかもしれないのです~(はい~)

 

 

カタカムナ第8首を詠む(音の響き)

f:id:mousoumajyo:20211018135605j:plain

声に出して何度も詠んで、その音の響きを感受しましょう☆

 

カタカムナ第8首】

ウマシタカカム アシカヒビコ

トコロチマタノ トキオカシ

 

前回の「ウマシタカカム」に続き

「アシカヒビコ」を読み解いていきましょう☆

 

◆「アシカヒビコ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211018150323j:plain

  • ア(感じる、生命、現象化)
  • シ(示し、現象、死、司る)
  • カ(カタカムナの「カ」、根源の力)
  • ヒ(根源から出入、目に見えない「ヒ」粒子、ひとつの)
  • ビ(※ヒに同じ)
  • コ(個々の、繰り返し、働き・動き、転がり出入)

一音一音の持つ意味を踏まえつつ

音を連ねて「言葉」をつくり、読み解きしていきましょう。

 

◆「アシカヒ+ヒコ」解読

アシカヒビコを「アシカヒ」と「ヒコ」で

音のまとまりから言葉をつくって読み解いていきます。

 

◎「アシ カヒ」が示す意味

「アシアトウアン」の時も見てきましたが

『アシ=アの示し』なので「アシ=生命現象」ですよね。

 

では「カヒ」はどうなるかというと

「カ(根源の力)が変換した最初のフトマリ(正反重合の超極微粒子)”ヒ”」

となるので…

 

生命現象を起こす根源の力を秘めた”ヒ”の球(粒子)

 

こんな感じの意味になるかと思います。

んで、この「ヒの球(潜象粒子)」が「ヒコ」すると

続けているわけです~

◎「ヒコ」の示す意味

日本の神々の御名に使われる「彦」ですが「男性」を示す言葉だそうです。

その始まりは「日子」なのだとか…(太陽・日の力を秘めたってことかね)

 

カタカムナが示す「ヒコ」は「ヒの個々粒子」であり、

「アシカヒ ビコ」と連なると「アシカヒ」の動きを示す言葉になるようです。

「ヒビキ=響き」の「ヒビ」とも繋がってくるのですが、

「ヒ粒子の振動、回転運動から様々に変化していく動き」を示しているようです。

 

ちなみに「アシカヒビコ=命の力(光)」と読み解いている方もいたよ~

 

◆ウマシアシカヒビコヂ神と「アシ=葦」

この第8首の解読に挑んで

天地開闢に登場する第四神がどんな神さまなのか

やっとつかめてきた私です(^^;)

 

宇宙の要素が混濁して漂っている中に

アマノミナカヌシ(第一の神)が現れて

重いものは下へ沈み、軽いものは上へと分かれましたよね。

(アマノミナカヌシは重力の出現を示しているのでは?

と私は睨んでいるんですけど)

そこから第二・第三神として

タカミムスビカミムスビが登場し

現象化の根源力・生成力の根源神の出現となります。

第一神=宇宙の根源神が示す「創造の力」、それが第二・第三の神。

この造化三神が現れた時

地上世界はまだ『水に浮かぶ脂のように』混沌と漂っていたと云う…

そこに第四の神・ウマシアシカヒビコヂ神が登場し

「葦原」と呼ばれる原型をつくってくださったようです。

この葦原形成の「葦が萌え伸びるような生成力」が第四の神なのさ~

 

現象の間の形成を支えている神のようなのです。

⇒つまり物質世界の基礎を支えてくださっている

 

次に続く節で、第四の神がこの物質世界の

「時間と空間」に強く関係していることが示されているよ~

 

それは、また次回に(つづく)

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村