プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ~物質を生成する力の粒子の外殻=内と外の境界線の謎

f:id:mousoumajyo:20211215161549j:plain

無知な私にとってですが、物質の一番の謎って

⇒原子の集まりで出来ているのに

「己と他」「内と外」の境界線=外郭・外殻があること

 

 

カタカムナの解読をしていても

潜象カムの根源の力「カ」が現象化の間で「粒子化」してますよね?

それがどんどん変還と重合分離を繰り返し、大きな纏まりとなって

物質・生命を生成していくわけですが

力の粒子(マリ)にしても原子にしても「個」として存在し

他との境界線となる確固たる外郭・外殻が見えてこないのです。

 

でも、我々の物質世界って

個体は閉じて形をつくっており、他と己・内と外の境界線となる

外郭・外殻をもっているじゃないですか?

 

f:id:mousoumajyo:20211220154657j:plain

原子の構造はこうですよね

球の外殻に見えるのは「動いている電子」でその軌道ですよね。

 

カタカムナが示す「根源の力」の変還のフトマリも

右旋・左旋の力の渦が重なったマリです。

この「フトマリ」が実際どんな状態かイメージしてみたんです。

ヤタノカガミを境(界面)として右渦と左渦が発生している

らしいので、はじめはこのイメージでした。

f:id:mousoumajyo:20211221161012j:plain

 

でも、全然「球体」じゃないんですよ(^^;

 

そこで神聖幾何学の立体模型を綿棒で創った時を想いだし

f:id:mousoumajyo:20210915163922j:plain

f:id:mousoumajyo:20211221161333j:plain

「球状」になるってことは…こういう事かな?と

中心核からいくつもの正反対向発生の渦が出てて丸く

 

でもこれだと、どんどん外に向かって渦が巨大化しちゃって

粒子にならないんですよ(^^;どうしよう…

 

そこで、この本に書いてあった「リンゴの皮むき」を思い出したのです!

 

 

f:id:mousoumajyo:20211221161729j:plain

球体のリンゴを回転させながら上部から皮をむいていくと、

1つに繋がったリンゴの皮を平面に置くとこんな形(↑)になる。

ということは

右渦の力と左渦の力が繋がり合わさることで

球体の外殻を築く力も生まれるわけですよね。

f:id:mousoumajyo:20211221162002j:plain

ってか、外側を包む右渦・左渦の重合と

内側で激しく運動(振動)を続ける右渦・左渦の重合の

2つがあるんだろうなって思ったんです。

 

内側については、今一番「こうじゃないかな?」って思う

イメージ図は「地球の内部」に近いものです。

f:id:mousoumajyo:20211221162531j:plain

中心から湧き出た力が

球体の外殻を創る重合力の壁にぶつかって

対流している感じです。

 

これも「今の私の理解からのイメージ」なので

今後、イメージが変わっていく可能性大ですけどね。

 

まだまだ、カタカムナ×量子力学で気付いたことあるんですが

歌の解読進めないと(汗)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村