プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第34首~⑩トワチカ フタヤヒメ とは

トワチカを解読する為に「フタヤ」が必要なので

まとめて一気に解読を

 

 

 

カタカムナ第34首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第34首】

アマツミソラノ アメヒトツハシラ

サドオホヤマト イヤシロチ

タニキビコ アキツノ イヤシロスベ

シマカサネ オホタマルワケ

オホコトオシヲ トワチカ フタヤヒメ

 

34首の最後の部分だよ~

 

◆一音一音の示し

  • ト(重合、統合)
  • ワ(和、環、輪、調和、枠)
  • チ(凝縮、持続的に)
  • カ(根源の力、ちから)
  • フ(増える、負、2)
  • タ(分かれ出る、独立発生)
  • ヤ(飽和する、極限、ピーク)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ、ヒ粒子、ひとつの)
  • メ(目、芽、思考、指向、渦の目)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆トワ+チカとは

重合(ト)+調和(ワ)+凝縮・持続(チ)の「カ」と

力の3つの性質・作用をしめいているのかと思いきや、

カタカムナ文字の示しに従って「トワ」と「チカ」で解読を。

※ここポイント!

 

「トワ」「チカ」…この音の響きから現代日本語でもピン!とくる

イメージが浮かんだのではないでしょうか。

カタカムナが示す、アマ界の基本作用が「正反発生+親和重合」ってこともあって

  • トワ=永久、永遠、遠く
  • チカ=近い、地下(内側・内奥)

ほほ~トワチカに正反性見えてみましたな(‘~‘)

と、同時に三位一体の「力」が見えてきたぞ~

 

①トワ(永遠)の持続力=トワチカは②と③の力の重合でできている

②トワ=遠心性+(時間的な永久性)

③チカ=求心性+(時間的な短時=イマイマ性)

 

カタカムナでは最初からアマ現象界のすべては

カから変還した「ヒ粒子」「ミ粒子」「イ粒子」により

生成されていることが示されています。

そんで、これらの粒子は「コ=回転運動を持続している」わけです。

 

回転運動により何が発生しているかというと遠心力+求心力なわけです。

面白くなってきたど~

 

◆トワ+チカの「フタヤヒメ」とは

オホコトオシヲとして示された「モノ」には

「トワ+チカ」の「フタヤが秘められてるよ~」っていってますよ!

 

「トワ」=外に向かって大きくワしていく重合・統合力

つまり⇒遠心性+遠達性の力(アワ)

 

「チカ」=刻々に発生を持続するイマイマの力

つまり⇒求心性と近達性の力(サヌキ)

 

この「トワ」と「チカ」の2つの方向性を持つ力を秘めてるよ~ってわけです。

加えて、もう1つ別の示しも見えてきます。

「トワ+チカ」の力の中心にあるのは

増加・増殖(フ)分裂発生(タ)して限界飽和(ヤ)まで進む

進行性を持った「ヒの芽=ヒの渦目」が秘められてるよ~って。

 

この部分を解読の先輩方は「引力と斥力」だと云うてます~

ここに「引力」が登場するんかφ(..)メモメモ

 

面白くなってきたでしょ~ワクワクするよね

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村