プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第21首~①イマ トハ ヒトワ(解読)

f:id:mousoumajyo:20220117153225j:plain

よし第21首へ進んで行こう~

カタカムナが説く「今」という時間の概念とは!?

 

 

 

カタカムナ第21首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220131163711j:plain

声に出して「音を響かせ」現象化させましょう☆

 

カタカムナ第21首】

イマトハヒトワ ミコニホヤホ

アマツクニ トコミチ カタカムナ

マミマリメグル オホトコロ

イモマクカラミヌ フトヤマ

 

では、カタカムナが説く「今」へ

 

◆「イマ トハ ヒトワ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220131164620j:plain

  • イ(伝わるモノ、陰、あらゆる生命体を構成する最小単位の粒子)
  • マ(間、真、現象化の間・現象の間、受容)
  • ト(重合、統合)
  • ハ(正・反 引き合う)
  • ヒ(根源から出入、始源、最初のフトマリ、ひとつ)
  • ト(重合・統合)
  • ワ(和、輪、環、調和)

では、音を連ねて「言葉」にして解読を

 

◆イマ+トハ+ヒトワ とは

「今とは、ひと和」

現代日本語で直感的にこんな変換が思い浮かんだのではないでしょうか?

カタカムナが説く「今」とは

 

●イマとは「生命の間」

イマとは「アマ」(現象界・感受の間)に

ヒフミヨイと変還した「イ」のマリが出現したことを意味してますよね。

 

アマがイを感受し、生命・現象化がはじまる。

その「イ」が出現・変還を繰り返す「間」が「イマ」なのです。

イマとは「生命の間=生命活動の間」ということですな。

 

●トハとは「正反重合」

トとハは何度もでてきているので

根源の力の変還・カカワリについて述べていますよね。

 

重合(ト)+正反引き合う(正反発生+正反引き合う=ハ)

 

●ヒトワとは「1つの和」

アワとサヌキノの力の渦が一つになった最初のフトマリ「ヒ」粒子が

重統合し、ひとつのワ(和・輪・環)へと調和してゆく

 

◎イマとは時空間の最小単位

「イマトハ ヒトワ」ってのが何を云っているかというと

 

アマ現象界に出現した「イ」は発生・変還を繰り返し

生命体となった後も刻々と変化していく

その「マ」と一体となり変化してゆく「イ」を以って

刻々と変化していくトキトコロのマの最小単位を「イマ=今」で

その「イマ」はどんどん重合していき「ひとつの和」になっていくんだと。

これまでの過去の「イマ」「イマ」が統合され、現在に調和され「今」になってる、ということを説いているようです。

 

「今」というのが時間軸の「点」ではなく

これまでの「イマ」が統合された時空間だと云っているわけです。

 

現在の時間認識よりもわかりやすいんじゃないかしら。

そんでもってもう1つの意味の示しも重要!

◎イマとはヒのトワ

イマとは「ヒのトワ」なのです。

時間と空間は一体なので「時空間」とさせてもらいますが

現象化の間=生命の時空間は「ヒ」が重統合してワになったもの。

 

「イマ」の源に「ヒ(ヒト)」があるということですな。

ヒの重合・統合を「ヒト」と呼ぶこと…「人」にも通じてるんですかね。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村