プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第34首~③サドオホヤマト イヤシロチ とは

佐渡はイヤシロチなのか!?

佐渡=王=大和…なんてな(‘~‘)

 

どうやら九州の宮崎県にも「佐土原」なる地があるようなので

サドやヤマトが現在のどこの地を指しているかは不明です(残念や)

この音を持つ地はすべて「イヤシロ地」かもしれないけどね。

 

 

カタカムナ第34首を詠む

声に出して音を響かせイメージしましょう☆

 

カタカムナ第34首】

アマツミソラノ アメヒトツハシラ

サドオホヤマト イヤシロチ

アニキビコ アキツノ イヤシロスベ

シマカサネ オホタワルワケ

オホコトオシヲ トワチカ フタヤヒメ

 

今回はちっと長いが一気に解読いくよ~

 

◆一音一音の示し

 

「サド オホ ヤマト」

  • サ(差、遮り、現象の干渉)
  • ド(重合、統合)
  • オ(奥深く、広がる、環境、六方環境)
  • ホ(引き離す、ほぐれる、正反発生+正反親和)
  • ヤ(飽和する、極限、ピーク)
  • マ(間、真、現象界の間、受容)
  • ト(重合、統合)

「イヤシロチ」

  • イ(伝わるもの、陰、あらゆる生命体を構成する最初のハジマリ)
  • ヤ(飽和する、極限、ピーク)
  • シ(示し、現象、霊性の示し、司る)
  • ロ(空間、抜ける、連なる、奥から現れる)
  • チ(凝縮、持続的に)

 

では、音を纏めて「ことば」にして解読を進めます。

 

◆サド+オホ+ヤマト とは

「サド」⇒差・微分(サ)と重合・統合(ド)の正反性作用が

「オホ」⇒現象化の間(環境場)の正反発生+正反親和性によって

「ヤマト」⇒飽和・極限(ヤ)まで間(マ)に統合(ト)されて

 

どうやら「アメヒトツハシラ」の「ハシラ」が重要で

アメのヒトツが正反性(ハ)をもって場に現れ(シラ)ることによって

そこに正⇔反による「サ」 差・現象の干渉が生まれ

「サド」のカカワリ作用が発生し、オホヤマトへ向かうんだって

 

◆サドオホヤマト⇒イヤシロチとは

サドオホヤマトの作用(動き・働き・場の性質)によって

「イヤシロ」が持続されてるんですってよ!

 

ここで「イヤシロ・チ」について深掘り

基本的には”電気粒子「イ」が豊富に湧く”場所なわけですが

「イヤシロ」は”イが豊富に湧く状態”を示しているわけです。

 

イは電気粒子であると同時に「あらゆる生命体を構成する最小単位」でもあるので

まーざっくりと「生命粒子」ともいえますよね。

つまりは「生命(力)・生成力が豊富に湧く状態」なのです。

 

地球レベルで考えれば強電磁場ポイントとか

レイラインかもしれないですが

「すべては相似象」なので

身近で考えてみると「健康な肉体」これもイヤシロチなのです。

ってことは「イヤシロ」の「チ」は

その生命力漲る状態の「持続」を指しているわけです。

 

「イヤシロの持続」は「サド+オホ+ヤマト」が起こしていることを心に留めて

最高の状態で生きていけるように知恵を活かしましょう☆

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村