プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第37首~⑤イヤミソギミチ オホヤマツミ(山の神、登場)

禊~大山津見神大山積神)の登場だよ~

キノククノチ⇒イヤミソギミチ⇒オホヤマツミの流れは

何を示しているのか?

 

 

 

カタカムナ第37首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第37首】

カムナガラ アメノクヒサモチ カタカムナ

クニノクヒサモチ オキミツゴ

サキカゼ シナツヒコ キノククノチ

イヤミソギミチ オホヤマツミ

カヤヌヒメツチ イヤミソギ

 

禊~海の神の名が続く、気になる部分です。

 

◆一音一音の示し

「イヤミソギミチ」

  • イ(伝わるモノ、陰、あらゆる生命体を構成する最小単位の粒子)
  • ヤ(飽和する、飽和安定・極限崩壊、限界飽和)
  • ミ(実、身、実体、光、生命力の実質、ミ粒子)
  • ソ(外れる、素、環境それぞれの)
  • ギ(気・エネルギー、発生・出現、現象の干渉)
  • チ(凝縮、持続的に)

「オホヤマツミ」

  • オ(奥深く、広がる、環境、六方環境)
  • ホ(ほぐす、引き離す、正反発生+正反親和)
  • ヤ(飽和する)
  • マ(間、真、現象界の間)
  • ツ(集まる、個々の、津々)
  • ミ(実、身、実体、光、生命力の実質、ミ粒子)

音をまとめて「ことば」にして解読を

 

◆イヤ+ミソギ+ミチ とは

カタカムナ文字の音の纏め方に従って

「イヤ」「ミソギ」「ミチ」で見ていきましょう☆

 

「イヤ」

=現象化粒子「イ」が限界飽和(ヤ)まで進む

=「イ粒子」は飽和限界(ヤ)まで進む方向性を以っており

 

「ミソギ」

=(イモする)ミ粒子が環境(場・状況)それぞれのミとして発生する

=(イモする)ミ粒子が凝集発生+吸収発生(ソギ)される

 

「ミチ」

=ミの発生が持続される

=満ち・充ち~(道)

 

”イがヤするに伴って、(イモする)ミ粒子も

そのイマイマの環境・場・状況に合った状態で活発に発生を繰り返す”

ようですねφ(..)メモメモ

 

◆オホ+ヤマ+ツミ とは

カタカムナ文字の表記に従い

「オホ」+「ヤマ」+「ツミ」で音を纏め解読を。

 

「オホ」

=現象化の環境(場)の根源の力練り込む性質(正反発生+正反親和の作用によって

「ヤマ」

=飽和限界(ヤ)まで間(マ)練り上げられ

「ヤマツミ」となる

=大きく纏まった(山)ミの集まり(実)となる

 

つまり「オホヤマ=現象物」を成すミの集合体(実・実体)のこと。

「オホヤマ」まで積み重ねられたミ粒子の塊

 

◆イヤの禊と大山積神

ここで私は「ミソギ=禊」に対するイメージがガラッと変わりました。

これまでは

”禊=穢れを落とす”というイメージだったのが

「イヤシロ」に成るように

禊・ミソギ(浄化、調整調和、自己修復)する

という意味なんだなぁと。

 

イヤミソギが満ちる(充分に機能する)からこそ

オホヤマツミ(大きな生命細胞の纏まり)が

最高・最良の状態を常に保てるわけですな。

 

禊の場が海や川や「水」場であるという事と

その先に「オホヤマツミ」山が出現するという事から

地上に形を伴い「存在」となり出現する前に

「イヤミソギミチ(イマイマの環境・状況に合わせた自動最適化機能)」が

装備される、ということが読み取れますな(‘~‘)

 

この世の創造原理…すげぇ!

そんでもって日本神話すげぇ!

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村