プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第24首~サキリ・サツチで知る「トキ」「トコロ」

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

うっかりした~重要なポイント抑えておくの忘れたぜ~

「トキ(時)」「トコロ(場・空間)」のカタカムナ的概念とでもいうのかしら?

 

 

 

カタカムナ第24首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220215153035j:plain

毎回最初にウタを詠むのは、

できれは頭の片隅に焼き付けておいてほしいからです。

 

カタカムナ第24首】

アメクニサギリ モコロシマ

アメクニサツチ ソコソギシマ

タケヒワケ

 

この歌にある現象化を起こす「サギリ」と「サツチ」に

”トキとトコロを理解する鍵が隠されている”というのです!!

 

◆時間と空間(場)の認識

あなたは「時間と空間」をどう理解・認識していますか?

”「時空間」と1つの纏まった存在で分離不可”なもの?

 

「何となく理解している」気でいる人が多いんじゃなかろうか。

私もなんとなく、「時間があって、空間があって、私はその場に生きている」って感覚です。

 

 

 

 

 

 

ただ、最近は「時間=測るもの、座標軸」というイメージから

「時空間は一体(で一緒にねじれる)」という認識に変わりつつあります。

 

では、カタカムナは「トキ」「トコロ」をどう捉えているのでしょうか?

カタカムナが本当に古代日本文明だとしたら

「トキ」「トコロ」のヒビキに込められたモノ・示されたものって

今の私たちにも受け継がれているんやじゃないでしょうか?

 

◆サキリ=トキのマリ

時間という概念でいうと、カタカムナの示しでは「イマ」しか存在してないが

「これまでのイマ・イマが重なってヒトワのイマになっている」と云ってます。

 

では「トキ」という響きは何を示してるのか?

トキ=重合・重統合(ト)気・エネルギーの発生(キ)

⇒つまり、トキというのは

「現象化のエネルギー発生・力のカカワリ(重統合)してるイマ」のこと。

 

アメクニサキリの「サキリ」は潜象のアワの生命力・活動力を秘めた『トキのマリ』だというのです!

 

”サキリ=(アワ)=トキのマリ”

トキを示すマリ(現象化粒子)

 

◆サツチ=トコロのマリ

アマ現象界=現象化の間

これも「トコロ」であり「場」ですが、

トコロが持つ意味はもっとグッと寄った

「現象化の環境場」を示している気がするのです。

 

現代の認識だと⇒「トコロ=所、処、場、空間」ですが

カタカムナで見ると

”重合・統合(ト)・転がり出入する回転運動する粒子(コ)・空間、連なる(ロ)”

「現象化粒子が回転運動しながら変還する空間(場)」

となります。

 

アメクニサツチ=ソコソギシマ

つまり「サツチ」はソコソギする「トコロのマリ」なんだそうです。

 

カタカムナが示す「トキ」と「トコロ」

今の私の理解・解釈ですが

トキ・トコロの「ト」は、もしかしたら「マト」を示していて

「現象の間に重統合された」がどちら枕詞になっており

  • トキ=(現象の間に重統合された)気・エネルギーの発生の「イマ」
  • トコロ=(現象の間に統合された)現象化粒子の回転運動(の持続場)

ってことであり、どちらも「現象」をさしているようです。

 

現象化・運動・変化が起きている時と場なんでしょうね。

 

第24首で抑えおきたいポイントは

サキリ=トキのマリ

サツチ=トコロのマリ

この2つのカカワリによって万物万象が生成されるってところです~

 

カタカムナ」の冒険はつづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村