プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第21首~⑦ヌ フト ヤマト(解読)

f:id:mousoumajyo:20220117153225j:plain

第21首も最後の部分だよ~

ここにきて「ヤマト」が登場!

その意味とは

 

 

 

カタカムナ第21首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220131163711j:plain

声に出して音を響かせ感受しよう☆

カタカムナ第21首】

イマトハヒトワ ミコニホヤホ アマツクニ コトミチ カタカムナ

ナミマリメグル オホトコロ イモマクカラミ ヌ フト ヤマト

 

「ヤマト」登場ですよ~「大和国」登場ですよ~

ヤマトという音の響きが示すモノとは!?

 

◆「ヌ フト ヤマト」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220208105619j:plain

  • ヌ(突きぬく、貫く、目に見えぬ力や存在)
  • フ(2つ、負、増える)
  • ト(重合、統合)
  • ヤ(飽和する、限界飽和)
  • マ(間、真、受容、現象界の間)
  • ト(重合、統合)

ここから、音を連ねて言葉にして解読を進めます。

◆イモマクカラミ(ヌ )フトとは

この「ヌ」の部分ですが

「イモマクカラミ」と「フト」の両方に掛っております~

つまり「イモマクカラミはヌ(目には見えない力・存在)」と先に述べて

その「イモマクカラミ」は「ヌのフト」だよ~って云うてます。

 

あらゆる生命体を構成する最小単位・最小粒子の「イ」、

その「イ」に藻のように・膜の様に絡み漂っている=「イに伴って存在している」

マクミ(磁気素量)カラミ(力素量)は「ヌのフト」だと。

マクミとカラミは 目には見えない(ヌ)対向発生+重合(フト)を繰り返して「ヤマト」へ向かう 

マクミとカラミはアワセマクハヒであり、「サヌキとアワのフト」のマクハヒの力・性質を持っているのです。

 

◆大和=ヤマトとは

潜象カム界の根源の力が、現象アマ界に湧き出て

ヒ・フ・ミ・ヨイと変還して

カタカムナのナミマリが

マワリテメグル現象化環境場(時空間)の力となり

イモマクカラミのヌフトの性質・方向性を以って

「ヤマト」へ向かわせる

 

では我々生命・現象がそこへ向かうようにプログラムされている

その目的地「ヤマト」とは何なのか?

 

限界飽和(ヤ)まで間(マ)に統合された状態

どうやら、その現象化の間と一体となった状態をさしているようだ…

その時空間・場・環境と最高に調和して満ち足りた状態を目指すように

生命・現象というのは設計されているらしい。

 

大和(やまと)という字も「大いなる調和」という意味だから同じですな。

 

◆イマイマの積み重ねが「ヤマト」へ向かう

「ヤマト」に達するためには

「イマ」という現象界の間(時空間・場)の最小単位「イマ=今」の積み重ね、

今の在り方が大事なんですよ~って云うてます。

 

ヤマトへ向かうなら「イマ」を最高に満ち足りた状態で生きなさいってことやな。

今、いる環境・置かれている場でまず最高に調和するようにすれば

最終的にこの世界・時空間全体=宇宙と調和できるってことかね。

 

宇宙に満ちる「目には見えない力」と通じることもできるのか!?

 

第21首の「まとめ」へ続く

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村