プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第33首~②エヒメサヌキヂ (愛媛・讃岐・路)!?

愛媛・讃岐路に何があるというのか!

この地名にヒメられている「意味」とは?

 

 

 

カタカムナ第33首を詠む

声に出して音を響かせ内容を脳内イメージしましょう☆

 

カタカムナ第33首】

カムナガラ エヒメサヌキヂ アワトサヂ

アメノオシコロ オキミツゴ 

ツクシ トヨワケ ヒノクニクマソ

イヤシロチバ イキツサキヨリ イヤシロ コトサトリ

 

地名がたくさん登場してます!

ここの登場している地名はとても深い意味が込められているので

そこは現在も「イヤシロチ」かも。

 

◆一音一音の示し

  • エ(うつる、枝が広がっていくイメージ、成長、繁栄)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ、ヒ粒子)
  • メ(目、芽、思考、指向、渦の目)
  • サ(差、遮り、現象の干渉)
  • ヌ(目には見えない・潜在の、突き抜く、貫く)
  • キ(気、エネルギー、発生)
  • ヂ(凝縮、持続的に)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆エヒメ+サヌキ+ヂとは

カタカムナ文字の表記通りに音を纏めて「ことば」にして解読を進めます。

「エヒメ」「サヌキ」「ヂ」…やはり「愛媛」「讃岐」「路」やろ~

 

●「エヒメ」とは

「エ」が持つ意味は深くて、ただの「成長・繁栄力」ってだけではなく

「うつる+繁栄」なので『遺伝』『子孫繁栄』的な個だけではない

もっと大きな意味での「繁栄力」をしてしていると思われます。

 

更に「カムナガラ」が前にあることから

カムの力の「ウツシ」の作用も含んでいるはず。

カムウツシ・アマウツシですな。

 

カムナガラの「ウツシ&繁栄力」を秘めた「ヒ」の「メ(芽・指向性)」

を持つ・エをヒメた⇒「サヌキ」へ繋がります

 

●「サヌキ」とは

カム界の力=「アワ」潜在の力

アマ界の力=「サヌキ」顕在化する力

こう解読初期に学んだのですが、じっくり音の示しから見つ直して見る。

”差(現象の干渉)によって目に見えない潜象(ヌ)の状態から

発生・出現する気・エネルギー”

これがアマ現象界の現象化を起こすエネルギーなわけかぁ(なるほど)

 

◆エヒメサヌキ+ヂとは

カムナガラによって「うつし+繁栄」の力を秘めた「ヒのメ」を持つ

サヌキ(現象界の力=現象化エネルギー・生成力)の発生の持続

 

ここの「ヂ」は1つには「エを秘めたサヌ気の”発生の持続”」の示しであり、

もう一つ示されている気がするんですよね。

”エヒメサヌキの力・エネルギーが「凝縮の性質」を持っている”ということ。

 

正反発生+親和重合を繰り返すのは

ただ「差」を生み出したいんじゃなくて

差により生み出されるカカワリに意図された「性質」を持たせ

法則性をアマ界にもたらすためじゃないかと。

 

その1つが「力・エネルギー」を秘めた粒子の凝縮性かと。

 

◆愛媛・讃岐路はもの凄いパワースポットかも!?

カタカムナで日本語の音の示しを追っていくと

「言霊」ってあるなって思えてくるんですよね。

 

そう思えてくると、

日本神話や古代文献やカタカムナにも登場し

現在にも残っている「ことば」や「地名」って

もの凄いモノを秘めているんじゃないかと。

 

観察者がそのことに気が付いて、それに目を向け見る時、

その「古くから込められた意味」が出現するんじゃないかと。

 

愛媛・讃岐の地を訪れた時は

この「もの凄い種全体・世代を超えての繁栄力を秘めたエネルギー」を

意識して感じてみてください。

 

それこそ、子宝にまつわる神社とか…

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村