プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】センター・オブ・ジ・アース~感想:思ったより浅めの地底だった!

センター・オブ・ジ・アース (吹替版)

「地球の中心」っていうから~

てっきり「地球のコア」への旅かと思ってた~私です。

 

 

何だかんだで初見です~

これでディズニーシーのアトラクションを興味津々で楽しめるぜ~

(今まで一度も乗っていないので)

 

 

映画:センター・オブ・ジ・アース~あらすじ

海底世界の調査に向かい行方不明となった兄の研究所を引き継ぎ

大学教授となったトレバー

大学では大陸移動説など教えているが受講生が少ないことと

10年間研究の成果が全く上がらずで研究所は閉鎖の危機にある。

 

そんな窮地の中、義姉に頼まれ

兄の子=甥のショーン(13才)を10日間預かることに。

 

ショーンと共に「兄の遺品箱」を義姉から渡されたトレバー

箱を開け、兄の思い出の品を手に取っていると

小さい頃兄がよく読んで聞かせてくれた

ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』”を見つけ懐かしむ。

 

 

本を開き、ページをめくっていると

余白部分に兄が残した多くの書き込みを見つける。

 

その書き込みから、失踪直線の兄が

火山学者アスゲリソンを訪ねアイスランドへ向かったことが判明。

 

トレバーとショーンは失踪したマックスを探しに

アイスランドへ向かう。

 

現地につくとアスゲリソンの娘ハンナと出会い

山岳ガイドでもある彼女の案内で

この近くの火山にあると思われる

『海底旅行』にある”まっすぐ地球の中心に向かう縦穴”を探しに向かう。

 

この旅が予想もつかない

命がけの大冒険となるとも知らずに…

 

※以下、ネタバレ有の感想いきます~

 

◆思ったより浅めの地底旅行だった!?

私は「センター・オブ・ジ・アース」ってタイトルから

勝手に「地球のコアor 内側(内次元)世界」への旅と勘違いしていた。

 

”地球のコアまでどうやって行くんだろう?”

(地底約6,400kmの旅)

温度・熱・圧力・移動手段など考えてみても

生身の人間が物理的にどうやって地球の核までいくのか

まったく想像できず、興味津々でこの映画を観ておりました(^^;

 

結果~縦穴でたどり着けたのは

どうやら地底150kmほどの地点のようでした。

(落下時間1分半×ダイヤモンドが豊富にあったので)

 

地殻のちょい下~上部マントルって感じっすかね。

まぁ当然か?

地底世界=地底人が暮らしているとしたら

この辺の地下なんでしょうね(知らんけど)

 

と、いうことで

水も海も風も、どういうわけか「光」もあって

生物もいる地底世界の冒険が可能となったのです。

 

◆地底世界の不思議な自然環境(?)

なんで「空」があって「光」があるのか?

その謎はまったく理解できませんでしたが

そうやら恐竜時代~人類誕生前の地球環境に似てる感じでした。

 

意外と「地上」と似た世界なんです~

トレバー達も呼吸も運動も普通に出来てたし。

重力がめっちゃ増し増しってことも無いようです。

ただ、やっぱり「熱」は上昇中です~

 

砂・土は豊富で海もあって

緑は少な目だけど筏にけど使える樹はあったり、

恐竜~海王類~魚類は生息しております。

海の中はもっと自然豊かな環境なのかもしれませんなぁ。

 

この辺の描写はめっちゃ面白かったっす。

砂漠の恐竜が何を喰って生息しているのか?

エサになりそうなもの見当たらなかったんで

この海底空間に湧く高濃度の放射能とか…体内でエネルギーに変換できるんか?

 

◆地底冒険は風雲たけし城っぽかった

若い人はご存知ないかと思いますが

BBA私が子供の頃に「風雲たけし城」ってテレビ番組があって

この映画の浮石を渡るシーンを見てたら『似てる!』ってなったのよ。

 

 

 

 

地底に行く前の「トロッコ暴走」シーンは

初見ですが『これか~!』ってなって

ネプリーグ思い出した。

 

個人的には「アトランティス人トート」がエメラルド板に記した

『アメンティーのホール』への冒険を期待しておりました(‘~‘)

でも、最後に「アトランティス」がチラッと登場したので

今後に期待が繋がったぜ~

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村