プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】ドント・ヘルプ~感想:悪魔アモンの言葉「嘘に力はない、真実のみに力がある」が重い

ドント・ヘルプ

ドント系が多すぎる問題!

でも、この映画はエクソシストのリーガンに次ぐ名演技を見せる

悪魔憑き少女に出会えたので良作の方でしょうか…

 

 

Amazon側が「あなたにおすすめだよ」って

示してきた中に「ドント系」が増えたので

とりあえず見てみた感じの作品です(^^;)

 

 まーイーライ・ロスも褒めてるようだしってね。

ドント・ヘルプ

ドント・ヘルプ

  • メディア: Prime Video
 

 

 

映画 ドント・ヘルプ~あらすじ

ドント・ヘルプ [DVD]

 

ある夜、上院議員の家に強盗に入った3姉妹

下調べもして完璧な計画のはずだった…

 

屋敷には夫妻だけ、

侵入後 首尾よく二人を縛り上げ

賄賂で受け取った大金を全て出すように脅していたところ

地下室から少女の叫び声が!!

 

その声を聞き地下室に走り

縛られ、ボロボロの状態の少女を発見する。

 

髪は抜け落ち、生気のないぐったりした少女の姿に

実の父と祖父から幼い頃より性的虐待と暴力を受けて育った3姉妹は激怒!

少女を解放し病院に連れて行こうとするが

議員夫妻は猛反対する。

 

少女は強力な悪魔に憑りつかれていたのだ…

そしてこの夜、夫妻が家の使用人を全て帰し

2人だけでいたのは悪魔祓いをしてくれる枢機卿を待っていたのだ。

 

そんなことと知らずに

3姉妹は悪魔憑きの少女タマラに

自分たちの隠していた過去の秘密をバラされ

認めたくない自分の汚れた心を晒され

悪魔に誘導されていく。

 

過去に10回以上もエクソシストを行い失敗しているという

この強力な悪魔アモンの目的とは?!

 

悪魔が少女タマラに憑いたのはなぜなのか?

そこには深い人間の闇が隠されていたのです。。

 

※ここからはネタバレ有の感想・考察日記です

 

悪魔アモンが暴く、弱き人間の闇

今回少女に憑りついているのが「悪魔アモン」

この悪魔は、序列7番目の偉大なる悪魔で

40個の悪魔軍を率いる長なのだ…(やっかい)

 

故に通常、エクソシストでは悪魔の名をあぶり出し

悪魔の名を呼び支配下におき命令するのだが

大悪魔アモンは枢機卿に自ら自分の名を明かす!

 

枢機卿にも「病に苦しむ老いた母の死を願った」という過去があり、

アモン曰く

『罪人の祈りはきかない』んだって。

 

更にアモンは人間の心を支配下におくため

人間が目を背ける自らの罪と汚れた過去を暴き語る手法をとる。

「嘘だ、惑わされるな」という人間達に対し、アモンは云う

”嘘に力はない、真実のみに力がある”

悔しいんですけど

さすが上級悪魔だけあって

筋が通っており、その分「真実」しか言っていないため

追い込まれた人間に逃げ場はない(;;)

 

理詰めがダメなのは「逃げ場を奪う」からなのさ

逃げ場を失った人間はぶっ壊れるか、死を選ぶ。。。

 

見守るだけの神に背を向けた夫婦

アモンもいっているが

神は見守るだけで、無垢な魂が苦しもうが汚されようが

救済の手を差し伸べたりしない。

天から見守ってはいるが、天から降りてくることも

奇跡を起こして助けることもない。

 

タマラが苦しみ、3姉妹が親からの虐待に苦しんだように。

更にタマラの両親の信仰心を砕いたのは

これまで10回の悪魔祓いにやってきた神父の言葉なのだ。

 

祓うことができない悪魔に憑りつかれた少女、

そんな少女を前に胸を痛める両親に対し神父はタマラのことを

"罪深き人類の生ける生贄"だと云った。

(つまりは、仕方のないことだと)

 

枢機卿を通して語られた作品のメッセージ

この家にやってきた枢機卿はサラッとこんなことをいっている。

”教会も悪魔に毒されている”

 

ドラマ版「エクソシスト2」でもこの点が描かれている。

エクソシスト シーズン2 孤島の悪魔 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

エクソシスト シーズン2 孤島の悪魔 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

 

それだけ人間の欲は深く、悪魔のささやきは魅惑的で

人間の心は弱いってことだろう。

それもあるが、世の中のあらゆる権力や威厳や組織の腐敗を

監督は訴えているのかもしれない。

 

枢機卿は他にも「古くからのやり方をどんどん捨てていく」

教会側の姿勢も批判していた。

悪魔祓いは「強い信仰心」で悪魔を祓うもので

昔は誰でもできたが、今は武器や資格に頼るようになったと。

この部分も監督が世の中を斬るメッセージな気がします。

 

伝統や心を捨て、武器や物質ばかりを頼る私たちは

もしかしたら悪魔の手に皆堕ちているのでしょうか?

 

リーガンに次ぐ悪魔憑き少女タマラ

エクソシスト ディレクターズカット版 (字幕版)

エクソシスト ディレクターズカット版 (字幕版)

 

映画エクソシストの悪魔憑き少女リーガンを超える少女は出てこないと

思っているBBAですが、この作品でみた少女タマラはリーガンに次ぐ演技です。

 

本当に表情とか暴れるシーンとか

子供が想像であそこまで演じられるモノなのか!?

ってレベルです(^^;)

子役って凄い!

 

そもそも人間は善と悪が半々な生き物なので

そんなに自分の闇や汚れをくよくよしなくてもいい気がします。

そんなに清廉潔白で強い人間なんて怖いじゃない、

人間らしさって「弱さやダメさ」にあるし

そこを受け入れられるかが人生の修行なんだと思うBBAです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村