プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画部】グランドダディ・デイケア~感想:元気なシニアが大活躍!名優ドリフターズ

 

グランドダディ・デイケア(字幕版)

めっちゃ面白い映画見つけた! 

シニア名優たちによるアベンジャーズ×ドリフターズみたいな感じ(‘v‘)

 

 

面白いキャラしか出てこないのもいいよね。

「あっ、見たことある!」

「この顔知ってる!」

という名優たちが繰り広げる社会派(?)ドタバタコメディ

 

 

 

映画 グランドダディ・デイケア~あらすじ

作家のフランク・コリンズ(リノ・ウィルソン)は

前作以来5年間創作スランプ中

 

高校教師の妻と思春期の息子と暮らす家に

義父エドワイルド(ダニー・トレホ)を受け入れることに。

 

前科者で服役中に弁護士の資格を取った義父エドワイルドは

いびきが酷く、文句も多い…得にフランクとの仲は微妙だ(^^;)

 

仕事部屋に入り、執筆作業をしていると

なにかと義父が邪魔してくるのでフランクが困っていると

妻から思わぬ提案が!

 

「父の友人を家に招いて、お互いにケアし合って過ごしてもらえばいいのよ」

友人たちと義父が楽しく過ごしている内に

執筆活動に集中すればいい、と。

 

早速、義父の馴染みのメンバーを招き試してみると

思わぬ事態ばかりが巻き起こりフランクは振り回されヘトヘト(^^;)

もう、コリゴリのはずだったのだが

招いた老人の家族から

「またこうして預かってくれると助かるわ、1日100ドルでお願い」

と言われ心が動く。

 

5年も新作が出せていない為

収入は無く…税金の督促状も突きつけられ

切羽つまっていたフランクは当面の現金を稼ごうと

「シニア交流会」と称して、募集をかけ10人程度を

1人1日100ドルで高齢者を預かることに。

 

なかなかの曲者揃いの老人たちに

ハチャメチャに振り回されつつも

フランクの闇デイケアセンターは軌道に乗りはじめる。

 

ところが、社会福祉課の担当者に目をつけられ

閉鎖の危機に!

 

弁護士資格を持つ義父と力を合わせ

なんとかここに集うみんなと「グランドダディ・デイケア」施設を

守ろうとフランクは奮闘する。

 

ここに集うみんなも

だんだんと絆が生まれ、この場が大事なものになっていた。

フランクとエドワイルドだけでなく、

みんなが仲間とここを守るために立ち上がる!

 

認知症の症状を見せ始める義父エドワイルドは

この施設の弁護士となり法廷で闘うコトに。

 

崖っぷちのグランドダディ・デイケアを救うことはできるのか!?

 

グランドダディ・デイケアに集う曲者シニア達

グランドダディ・デイケア(字幕版)

みんな「あっこの人知ってる、見たことある!」という名優ばかり。

  • ビッグ・ルー(75歳 元軍人)
  • ボニー(ルーの妻)
  • ダン・ノース(ダイナマイトのダンってCM有名人)
  • ミリー(家族の写真を持ち歩くおしゃべりおばぁ)
  • ブランチ(新入りの美人グランマ)

 

このクセ強シニア達がめっちゃチャーミングなのです。

基本自分勝手(マイペース)にやりたい放題、

ミリーが家から持ってきた「痛みが治まるキャンディー」を配り

みんなで食べたら…ハイになっちゃったり(^^;)

 

後半のハラハラドキドキのミッションシーンでは

それぞれがこれまでの経験を活かし大活躍しますよ☆

 

義父の友人の会計士がアジア系シニアで

なんと!あの「ビッグバンセオリー」の中華レストランのおじさんだよ~

 

ちなみにフランクの息子ジョーダン君は

リメンバー・ミーの主役の声を演じた少年なんだとか(噂)

どうりで作中の歌唱シーンすごかったわけだぜ~

 

「長生きしたい理由ができる」ホーム

ここに集うシニアがだんだんとイキイキしていく姿がいい!

交流したり、経験を活かして人の役に立つことで自信を取り戻したり(^^)

更には「新しい恋」まで☆

 

んで、このイイ流れをつくっているのが

フランクの心(無意識)に在るのです。

 

フランクは切羽詰まって現金欲しさに

このデイケアをはじめましたが

当初からここに集うシニアのことを

「自宅に招いた友人・客人」と表現していました。

フランクの意識の深いところでは

「老人=介護」「老人=やっかいな存在」ではないのです。

 

だからみんなにも手助や協力をお願いするしね。

「老人=年齢分の知恵の塊」みたいな言い方してたし。

 

義父が時々認知症でパニックになった時も

義父が何度も繰り返し語る過去の栄光自慢話を想いだし

その話を聞かせてとお願いすることで

記憶を取り戻す(今につなげる)ように誘導している。

 

適当に話を聞き流しているようで

そこに濃い記憶と義父の誇りが詰まってることを

ちゃんとわかっているのだ。

こうした人と向き合う姿勢、尊敬っす。

 

最後は大暴れ、名優ドリフターズ

最後のみんなで大暴れ、ブランチを救え大作戦は

もう名優ドリフターズ感あふれているので

たっぷり笑って楽しんで♪

 

悪役(?)である社会福祉局の厭味な職員さんも

いいキャラしてます。

フランクそっくりなの!

FRANK フランク(字幕版)

FRANK フランク(字幕版)

 

このフランク(被り物)に眼鏡した感じだよ。

 

私も観ながら何度も声出して笑っちゃったので

ラクスして大笑いして楽しんで見て欲しい映画です。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村