プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAガイドの酒旅】憧れの名店居酒屋巡り~福岡市「酒肆 野一色」さん

f:id:mousoumajyo:20210121164909j:plain

太田和彦の酒旅」番組観ながら、自宅晩酌中のBBA私です。

太田先生のような粋な酒呑みになって、ひとり呑みで名店居酒屋巡りするぞ~

という夢と野望を胸に「酒呑み道」を直進しております。

 

 

コロナ禍以前から自宅晩酌引篭りの「酒が友達」私です。

コロナを乗り越え、また楽しく飲み歩けるようになったら

「ひとり呑み」で粋に飲み歩くブームが来る予感がしております。

 

酒を楽しみ、料理を味わい、店の雰囲気に自分を調和させる

そんな「酒呑み」の師匠と私が勝手に想いを寄せているのが

 

 

先生の紹介する店や

先生が飲んだ酒をノートにφ(..)メモメモ

そして「太田流酒呑み道」を勝手に学んでおります。

 

本日も「憧れの名店居酒屋」リストから1軒

 

 

福岡市の名店 「酒肆 野一色」さん

 こちら「しゅし のいっしき」と読みます(^^)

平成23年開店の素晴らしい和食と酒が味わえる名店です。

tabelog.com

 

大将も女将さんも温かな雰囲気で迎えてくれるのですが

出てくる料理もお店もどこか「高級店」の雰囲気が漂っております。

 

「居酒屋」というよりも「和食店」といった感じで

ちょっと気合を入れて伺いたい名店です。

 

天神南駅から451m

 

カウンター席でひとり呑みに伺いたい(^^)

和服美人な女将さんが迎えてくれますぞ

 

和食を中心とした創作料理をつくる料理人の店主が

一見強面ですが、話すと穏やか(ほっ)

彼がつくる料理がどれも美しく手が込んでいてすばらしい☆

 

◆1杯目:野一色 袋絞り純米吟醸

1杯目は地酒…どころか、このお店オリジナルの日本酒です!

地元の若竹屋酒造と有志が集い

手作りでつくった「ここでしか飲めない」銘酒。

 

☆すぐに福岡に行けない時は、

福岡&野一色さんに思いを馳せながら自宅晩酌でこちらを

 

 

産地直送 【純米吟醸 渓 720ml】 若竹屋の最高峰 筑後田主丸の老舗蔵元 福岡 九州 山田錦 日本酒 辛口 食中酒 送料無料

 ※こちら3,300円となかなかのお値段(期待高まる~)

 

◆おすすめの酒の肴~刺し盛り

このお店の「お通し」もいいんですよ~♪

先生がうかがった時は

●カブのすり流し(しその実の塩漬けをのせて)300円

 

そんでもって、

こちらで野一色袋絞り純米吟醸を飲みながら

是非一緒に味わってほしいのが

●刺身 くじら入り盛り合わせ(1人前 2,500円)

これが、すごく美しい盛り付けで豪華!

華やかな生け花のように、もはや芸術なのです。

 

もちろん、美しさだけではなく

「旨味を出すために魚をねかせる」

=熟成させる というこだわりが光っております。

 

◆福岡の酒が美味しくなる話

野一色さんがある「福岡市」ですが

かつてはこちらも「博多」と呼ばれていた地だったそうです。

 

黒田長政福岡城を築いた後に

「博多」という地名を「福岡」にかえた。

これに反発した商人たち!

那珂川を境に

  • 城下町=福岡
  • 商人の町=博多

と、別れたのだそうです(^^;)

 

そうだったのかぁφ(..)メモメモ(無知なBBA感激!)

 

 

それどげんなると? 法律知識で読み解く福岡・博多
 

 

「ひとり呑み」で店を巡るなら

その地の地酒や歴史や文化について

少しでも知っておくと味わいが深まりますね。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

太田和彦の居酒屋味酒覧〈決定版〉精選204

太田和彦の居酒屋味酒覧〈決定版〉精選204

 

 

 

太田和彦の今夜は家呑み

太田和彦の今夜は家呑み

  • 作者:太田 和彦
  • 発売日: 2009/04/01
  • メディア: 単行本