プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【ドキュメンタリー】「最強のふたり」本人:フィリップとアブデルが語った言葉

ドキュメンタリー:最強のふたり (字幕版)

映画「最強のふたり」は大好きで何度も観ている作品

いつみても二人の関係や生き方に背中を押される気がしている。

この実話を基にした映画の「本物のふたり」のドキュメンタリー。

 

 

映画はほぼ二人の関係をリアルに表しているが

ナイジェリア出身の移民アブデルは

スラム街の黒人青年「ドリス」へと設定が変更されている。

 

映画でふたりを演じた俳優たちや監督も登場し

どうやって映画「最強のふたり」がつくられたのか?

その背景もわかるドキュメンタリーになっている。

 

ドキュメンタリー:最強のふたり (字幕版)

ドキュメンタリー:最強のふたり (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

映画「最強のふたり」の実際のふたり

ドキュメンタリーには本人である

富豪フィリップと彼の介助人アブデル、

映画の監督、ふたりを演じた俳優2人が登場する。

 

ふたりの現在の様子と

映画がどのように創られたのか

このドキュメンタリーで見ることができる。

 

富豪フィリップは現在モロッコ在住

アブデルは10年以上彼の介助人を務めたが

今は「友達」として親交は続いている。

 

アブデルがモッロコにきて恋をし

結婚に向かう彼をフィリップが送り出したようだ。

(※このことはドキュメンタリーで触れられていない)

 

今もふたりは映画でみたあのままに

「人生を楽しんでいる」ようだ(^^)

 

映画よりももっと実際は「やんちゃなふたり」だったようです(^^;)

テレビじゃ言えないこともある…って感じよ。

 

監督の言葉:「社会階級を越えて仲良く」が主題ではない

映画「最強のふたり」はどのような思いを込めてつくられたのか?

冒頭で監督が語っている。

「観客に問いかける映画なんだ」

見る人によって

映画の問いかけは変わるってことだろう。

心が振動する部分が違うのかも?

 

ただ、きっぱりとこうも言っている。

「社会階級を越えて仲良く、が主題ではない」

「アブデルの"墜落"が2人の出会いのはじまりで、

その結果 彼の人生は大きく変わる」

 

映画でアブデルがモデルのドリスを演じた俳優オマールも

「出会いによって人は動かされる」

「人生とは出会いそのものだ」

ってこの映画に参加し、振り返り興奮気味に語ってた。

 

フィリップが語った言葉

私がドキュメンタリーを観ながらφ(..)メモメモしたもの

①人は過ちを犯し、その代償を払う

首から下が麻痺するきっかけとなった

パラグライダーの事故当時のことも語ってくれた。

 

「着地の高度が低すぎ、致命的なミスを犯した」と振り返る。

自己は自分の初歩的なミスのせいだと語った。

自分の過ちだったと認めたうえでフィリップはこの言葉を言った。

 

”人は過ちを犯し、その代償を払う”

 

②不平を言ってないで、笑顔で人を魅了しないと

誰かが寄ってきてくれるのを待つんじゃなくて

自分から笑顔で相手に向かっていくんだって教えてくれた。

 

不平を言ってても、人が離れていくばかり

事態が好転するわけもないんだから

笑顔で人を魅了しないと人生損だというのだ。

 

③対立よりも、人間は元々弱いんだから支え合うべきだ

彼が事故にあって自分の弱さに気が付いて

そしたら「人間はみんな弱い」ってことにも気が付いて

そして出た言葉。

 

自分が弱いことを認め、

他の人も同じように弱い存在って思えたら

確かに支え合おうと自然とできるかも。

 

でも、みんな鎧をきて必死に闘って生きているからなぁ(逆に向かっている)

 

④人生は難しいものではない、本質的に冗談のようだものだ

 

かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)

かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)

 

 チェーホフは「かもめ」を喜劇だという。

ある人には悲劇に見えることも、他の人から見れば喜劇だったり。

人生は壮大なコメディなのかもしれない。

 

フィリップはこの言葉に続けて

「だから楽しめばいい、制限なしに」って言ってたよ。

 

⑤無分別に頼ると痛い目に合う

だから人を見る目が養われたのかも。

いろいろな出会いの中でもアブデルは特別だという。

フィリップにとっては「悪魔の守護天使」なんだって(^^)

 

真っ白い天使に見える人よりも

実は汚れや傷みを知る 悪魔の守護天使のような人のが

心フラットに安心して対等に付き合えるのかもね。

 

アブデルが語った言葉

”人と同じであることが正常なのか?”

”俺は俺であり続ける、それが正常さ”

 

フィリップは彼のことを面接ではじめて見た時から

「高貴な魂を目に宿していた」と表現している。

ふたりに密着し、ふたりの出会いを映画で見せてくれたオマールも言っている。

 

ふたりが出会った時

アブデルの目に「首から下が動かせない車椅子の富豪」への

同情の色は一切なかった。

そもそも「首から下が動かせない車椅子の富豪」という認識もなく

ただただ「目の前の男」という目線だったように思える。

 

私もドキュメンタリーを見て感じたが

彼は人を「上下」で見ていない。

自分より上か下かという考えがそもそもないのか

強固な「自分」があるからなのか?

 

とにかくフラットなのだ。

だがひとたび友となり、身内となると

自分と同じくらい大事にする面も持っている。

 

確かに「魂が高貴」って意味がわかるわ~って思った。

 

「同じ哲学を持っている」と感じる人

フィリップ曰くこれがアブデルにピンときたところらしい。

目を見て、その人の言葉や行動をよく見て

「同じ哲学を持っている」と感じる人と出会えたら

笑顔で声かけないとね。

 

人生を変える出会いかもしれないもの。

 

同じ哲学かぁ

私の持つ哲学は散らかってるからなぁ・・・

散らかった哲学の人見つけたら

声かけよっと。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

最強のふたり (字幕版)

最強のふたり (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video