プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【Semiotics】数と図形と法則:「3」が象徴するもの~3つの点は二次元空間を定義する

f:id:mousoumajyo:20210712152933j:plain

比較の結果を表現する必要性から「第三の点」が生みだされました。

3つの点がつくる幾何学図形「三角形」

1の・(点)、2のー(直線)と違い一気に「物」「形」が出現した感じしませんか?

 

 

私が世界・自然界・宇宙の法則を探る為に

幾何学模様に注目し、今手元に教科書として置き読み込んでいる1冊

 

 

「2」で2つの点がつくる直線=一次元でしたよね。

では「3」は「2」からどう変化を起こしたのでしょうか?

 

 

3つの点がつくる三角形は二次元空間を定義する

f:id:mousoumajyo:20210712152933j:plain

3つの点からつくられる「三角形」

3を象徴する図形といってポン!と頭に浮かぶのも「三角形」ですよね。

 

  • 「1」は無限の速度で動き回る「・」点
  • 「2」は2つの点を通る「ー」直線
  • 「3」は3つの点から作られる「△」三角形

 

私たちが普段「図形」として認識するのって

三角形からではないでしょうか?

(※点も直線も図形といえば図形の一種ですけど)

 

図形=物=存在がわかりやすく認識されるのが「3」からではないかしら(^^)

それは何でかというと

3つ点があると、

ある1つの平面を定めることができ、

従って3つの点により

2次元空間が定義されます。

 

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

まさに「ここ」ですよね。

2つの点がつくる1次元から3つの点がつくる2次元空間へ

「平面」「面」が現れ認識できるようになったのです。

 

◆物質世界への産声

ここで1つ注意しなければいけないことは、

先ほど私の認識イメージで

”1つの点からはじまり3つの点で「三角形」が出現し

図形=物=存在の認識がしやすくなった”

と言っちゃいましたが

f:id:mousoumajyo:20210713155043j:plain

この辺をごっちゃに平気でしちゃう私(^^;)

でも、そうそう、これ重要ですよね。

 

3つの点がつくる三角形、その出現により平面が定められ

2次元空間が定義されますが

ここで表れた「平面そのもの」は”まだ概念の段階”でしかない…

けど、だんだんと物質世界誕生の産声が聞こえてきませんか?

 

3が1の創造に大きな役割を担っているのです。

なかなか壮大な話になっていくので

次回からはより気合を入れて紹介していきます。

 

少しずつ、<創造活動>にある法則が見えてきた気がする~楽しい☆

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村