プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【不思議な世界】死後の世界の記憶を持つ人の話⑦あの世の偉い人は「どこまで」知っているのか?

f:id:mousoumajyo:20210804132452j:plain

あの世ってこんな感じの「魂のレベル」による階層世界なんやて

この世では多様性が重視され ごちゃ混ぜなのに、

あの世では似た者同士の暮らしなんすなぁ~

 

 

魂のレベルはモラル重視らしく

たぶん「徳の高さ」だと私は睨んでいる。

 

なんの話かというと、

深夜の不思議体験徘徊で見つけたこちらの有名なスレ

world-fusigi.net

 

過去スレを漁りつつ「コメ600以上」に目が留まり読んでみたら

とても興味深い内容でした。

 

ちょうど映画マーターズ(2007)みたばっかだったしね

 

マーターズ(2007)(字幕版)

マーターズ(2007)(字幕版)

  • モルジャーナ・アラウィ
Amazon

 

では、あの世の話⑦行くで~

 

 

あの世の階層:普通に生きてたらどこへ行くの?

ここでAさんに質問が飛んだ。

良い事してれば上の世界(あの世の上の階層)に行ける、

なら「普通に生きてたら」どこへ行くの?

※たぶん、どのくらいの階層でどんな環境・待遇か知りたいらしい

 

この質問に対しAさんは「わからない」と答えた。

そりゃそうだ!

彼女(前世は男性)は1度しかあの世に逝ってないないもの(記憶上)

自分の階層以外は知らないだろうし、

「上の階層がある」ってのも、あの世の偉い人から聞いた話っぽいしね。

 

彼女が接触したあの世の偉い人=その階層の管理人みたいな人(たぶん)

 

”階層がどのくらいあるかも曖昧”

だって、だから「自分の例」を書いてるってさ。

 

んで、私が気になったのは「この先」に語られた事。

”あっちの世界にも職はあるよ”

(@。@;)!

みんな、なんでも欲しいもの出せるし

姿形も自由自在に変えられるのに

まだ、仕事するの~ってか仕事必要なの!?

 

と、思ったら

どうやらボランティアみたいな感じらしい。

音楽が得意な人が素敵な曲を演奏してくれてたり

お花や造園好きな人が庭園つくってくれてたり

建築家が温泉施設とか造ってくれてたり、

お料理好きな人が食材を出して、ライブキッチンしてくれてたり

ダンス得意な人が舞台でパフォーマンスしてくれたり

そんな感じかなぁと私は想像しております。

 

報酬はないので、みんな無償らしいよ。

 

あの世の偉い人は「どこまで」知っているのか?

「何をどこまで知ってるのか」ってことね。

Aさんが言うには

あの世の偉い人たちってのもAさん同様に前世の記憶持ちらしい。

そして、「何でも知ってる」んだって。

何でもってのは「この世の真理」みたいな部分ね。

この世界に働いている法則や人々の生き方含め「何でも」らしい。

 

偉い人のレベルが高い!

 

本当に仏教ってか密教でいうところの

如来・観音」級の方々なんでしょう。

 

話してみたいわぁ…あの世の偉い人たち

 

向こうの世界に「知識の図書館」あるのか?

「死後体験」って本に

”向こうの世界には色々な知識がある図書館がある”

って書かれてるんだって(へぇ~)

 

その図書館の存在を聞かれたAさんの回答は不思議なものだった。

「あると思うよ、『知識を吸収したい』という純粋な意志があるならば…

というか、あるんじゃないかな、生まれてくるときに忘れちゃうだけで」

 

その人が望めば現れるってこと?

いや、全知の樹みたいな大樹がドーンと建ってて欲しいわぁ

むしろ「この世の全知」だけではなく

「この世のすべての記録」が保存・保管されている

”大あの世図書館・博物館”みたいなのあって欲しいわぁ

それこそが「あの世の心臓部」みたにさぁ

 

 

 

 

 

あの世は「ナウシカの中庭」みたい

私が図書館があると思う理由は

Aさんの話を聞きながらイメージしたのが

原作漫画版の「風の谷のナウシカ」に出てくる

異空間「中庭」に似ているからです。

 

 

 

 

 

宮崎駿監督も人生何回分かの記憶あるのかもなぁ

割とマジでそう思っている。

もしくはアクァッホスレのA君みたいに

夢で異空間飛んでいろいろ交信して見て聞いてしてきたのかも。

 

ってか、記憶引き継げる人とまさらに消される人の差って何?

ということで次回はこの辺を深掘りしてみたい。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村