プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【不思議な世界】死後の世界の記憶を持つ人の話⑥自殺した人の魂の行き場

 

f:id:mousoumajyo:20210802174255j:plain

※体験談を語るAさん曰く、あの世で最初に会う面接官の発光球体

やっぱ球体なんやね~(BBAの素直な感想)

 

 

臨死体験ではなく、しっかり死んで

あの世での生活もそこそこ満喫して

この世に転生してきたというAさんの体験談

 

world-fusigi.net

 

マーターズ」(2007)見た後すぐにこのスレ見つけて運命感じた(?)

 

地獄は無いっていうてるAさんですが

それでも「自殺者の魂が行く世界」は独特だという…

 

 

賽の河原は無い 石を永遠と積まなくていい

自殺の話の前に、

事故で若くして亡くなってしまったAさんが

「賽の河原は無い」と教えてくれた。

親より早く死んだら賽の河原で石を永延と積むとかは無い

ってAさんが自分の経験から語ってた。

 

「賽の河原」の物語とは、たぶんこれ

 ⇓

 

古い和歌が由来の物語だそうですが

簡単に言うと

「幼くして死んでしまった子はあの世への道中、賽の河原で親を恋しがり

親の名前を呼びながら石を積み上げていくのだけど

そこに鬼がやってきて壊していく(;;)

だから永遠と石を積み上げる子供達…そこへお地蔵様がやってきて

子どもの魂を救ってくださる」

(超ザックリ BBAの意訳です)

 

まー賽の河原は無いでしょう。

無くていいよ!早くに亡くなって、更にその後も泣き続けるなんて酷やろ!

賽の河原があるなら、あの世の道中にそんなもん創った奴を

カラマーゾフの兄弟」(大審問)で殴ってやりたい(暴力はいかんね…反省)

 

 

話を戻しまして~

 

36番:首を吊って落ちた時の経験談

ここで、あの世には行ってないが自殺により

「生死の境界線」を越えそうになった時の体験談を

36番君が話してくれた。

ただ真っ暗な世界が広がっていて

知らない顔が目の前にあって

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2

(その顔はヴォルデモート卿そっくりだったという)

 

目の前に浮かんだ顔のそいつが

「うおおおお」て凄い声で叫んだから

自分もつられて大声あげて叫んでたんだって

そこで目が覚めたという。

全身が痙攣+首から紐がとれてた

 

ここまで聞いて、この暗闇に浮かんだ顔って

何だと思いますか?

臨死体験:真っ暗な世界に突如現れた顔の正体

これね、私はてっきり

暗闇の世界とその姿形の描写から

ハリー・ポッター ウィザーディング・ワールド 7インチ アクションフィギュア/ロード・ヴォルデモート(ヴォルデモート卿)

ハリー・ポッター ウィザーディング・ワールド 7インチ アクションフィギュア/ロード・ヴォルデモート(ヴォルデモート卿)

 

あー死神かぁ~って思ったんですよ。

死者の魂連れにきたなって

 

でもAさんの解釈はまったく逆のものでした!

守護霊?それとも先に似たような体験したから

『まだ死ぬ運命じゃない』みたいな感じで助けに来てくれたのかも」

だって(@。@;)!

 

確かに、魂持っていかないで

生き返らせてくれてるしなぁ…

守護霊ってもっと「優しいおばあちゃん」みたいな雰囲気かと思ってたぜ~

 

意外と乱暴な起こし方してくるやないか~

まー見た目で恐がっちゃだめってことか。

 

自殺はご法度:自殺者の魂の行き場

なんで守護霊が乱暴に助けに来てくれたかというと

Aさん曰く

”自殺はご法度だから”

自殺した人の魂は、誰もいない何もない世界に行くんだって。

それは「お仕置き」だから

真っ暗な何もない世界にずっと永久的にひとりぼっち(;;)

 

もしくは「もっと苦しい来世」に生きるか、だという。

選択肢がどっちも酷過ぎ

 

自殺者こそ、あの世の話の分かる面接官に事情を聴いてほしいわぁ

(あの世に人情はね~のか?)

 

ということで「あの世」のシステムも

『まだまだだね』と思った私です。

(魂を扱うには心が無さ過ぎるんちゃう)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村