プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の神様は面白い】イザナギ命と火神カグツチ~日本神話の「父と息子」

f:id:mousoumajyo:20210725135843j:plain

イザナギイザナミから「グッと人間味あふれる神」になり親近感湧きつつも

イザナギイザナミカグツチの話はどこか聖書にも通じるものを感じます。

とくに「父と息子」の因縁というか…

 

 

古代文明の天文よりの神話や

哲学と現象世界の法則を覗くため密教に興味を持ち

「知る」を深めていき思った…

 

「私、日本の神々や古代文明について何も知らんやないか~」と

なのにご利益求めて寺社巡りは好きという…ご利益乞食の私です(;;)

 

ご利益乞食から脱する為

日本の神話や神様について調べてみたら

これがめっちゃ面白い!のです。

 

と、いうことで日本神話の「父と息子」関係を

 

 

血の父子~イザナギカグツチ

イザナミ命が「神産み」の際に

火の神カグツチ出産により女陰に大火傷を負い

それが原因で亡くなった…という話を前回しました。

 

残された父と子はどうなったかというと…

とんでもない展開が待っていたのです(;;)

 

f:id:mousoumajyo:20210728173714j:plain

イザナミの死を悲しんだイザナギ

愛する妻を死に追いやった火の子カグツチ

怒りのままに殺してしまうのです。

(子殺し)

 

生まれてきた火神カグツチに何の罪があったというのか…

母を(自分のせいで)亡くし、

父には怨みと怒りをぶつけられ、

結局は殺されてしまうという悲しき運命(;;)

 

神といえども理不尽な目にあうんですなφ(..)メモメモ

 

死にゆくカグツチの体から数多の火の神が生まれる

このままでは「火の神」が地上からいなくなってしまうやん!?

と思ったら…

 

父に剣で斬られ、死にゆくカグツチの体から

数多くの火に関わる神々が生み出されたのです(;;)

その数が本当に凄い!

カグツチの血や体の一部から神々が誕生)

 

やはり、火の神の祖だけあって

生成力も半端ねぇ~っすな。

 

そんな怒涛の運命に生きた「火神カグツチ」ですが

現在でも各地で温泉の神として祀られているそうです(よかった)

 

キリスト教と日本神話の「父と息子」関係

私は映画を観るのが好きで

異国の文化や思想なども映画から学ぶことが多いのですが

その中でも特徴的なのが「父と息子」の関係です。

 

キリスト教というか「聖書」の影響を強く受けている地域や

文化圏に住む人々の心の奥にある「父と子」の本能的関係とでもいうのかな?

  • 息子にとって父は脅威であり
  • 息子にとって父は超えるべき壁であり
  • 「父に認められること」は特別な意味をもつ

っていうのを強く感じるんですよ。

いろいろな映画もこの部分を軸に描かれていたりもするし。

 

「父と子」のこのライバル関係・因縁の元に有るのは

「妻であり母としてのひとりの女性」を巡る愛憎に有るのかもしれません。

イザナギカグツチの話はその部分をストレートに出してきたから

私は非常に驚きました!

 

大義名分・建前無しに

父が妻を死に追いやった我が子を

怒りのままに殺しちゃうだなんて…しかも偉大な神が

 

欧米ではこの「父と息子」の因縁を

男同士の成長・老いと若さへの葛藤面から描くことが多いんですが

日本の神様は感情ドストレートなんすね(^^;)

 

そう、ここまで見ている限りでは

日本のはじまりの神様たちに「善悪の区別」は無いのです。

基本的には現象・変化・調和を司っていて

死に神様は働いてるイメージなのさっ

 

ここから、話は「夫婦の地獄篇」へ

つづく。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村