プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の神様は面白い】天照大御神~①イザナギ命の愛娘にして天界の長の「太陽神」

f:id:mousoumajyo:20210816132232j:plain

イザナギ命が黄泉の国から逃げかえってきて

日向の海で禊をした時に生まれた「三貴子」の中の優秀な長女といった感じ。

(弟2神が暴れん坊なので、姉は大変)

 

 

「日本の城」「日本の祭り」シリーズを見ながら

「日本人なのに日本各地の歴史も文化も何も知らない私…」に気が付き

”日本を知る”活動を趣味としてはじめた私です。

 

更に別方向から「密教」の世界の面白さに気が付き

そこでまた…「日本人なのに日本の神話・神様のこと何も知らない私…」発覚!

 

ということで、現在、日本の神様についても「知る」作業中

これが、めっちゃ面白い世界だったんすよ~

 

ということで、遂に日本の神様で1番有名じゃないか!?

と思われる「天照大御神」について知っていこう~

 

 

イザナギ命が左目を浄めた時に生まれた「日の神」

イザナギ命の紹介(?)のところでも触れましたが

この世とあの世の境界⇒黄泉比良坂での夫婦修羅場の後

この世に逃げ帰ってきたイザナギ命が

日向(宮崎県)の海で「黄泉の国の穢れを祓うため」

全身を浄め、最後に左目を浄めた時に生まれたのが

”美しい日の神”天照大御神だったのです(‘v‘)

 

屍となり蛆の沸いたイザナミの姿に震えた後だったからか、

イザナギ命はこの「美しい日の神」の誕生をとても喜んだそうだ(^^;)

(かつての美しき生成の神:イザナミの面影を重ねたのかも…)

 

生まれてすぐに父神イザナギから出来あいされる天照大御神

イザナギ命は自分の首にかけていた玉飾りを取り、

天照大御神の首にかけてやり

「お前は高天原(天)を支配しなさい」と命じたんだって。

 

この時、同時に「月読命」と「スサノオ尊」も誕生しているのだが

アマテラス大神は特別やったんやね~

なにか光るモノを感じたんでしょう、父として神として(^^;)

 

◆天界での天照大御神の働きっぷり

高天原(天)の支配を命じられた天照大御神ですが

とても素晴らしき働きっぷりなのです。

天照大御神は父の命を受け、高天原に住み

  • 田畑を耕し、食物を育て
  • 養蚕を興し、絹糸の生産や織物の技術を授ける
  • 天の最高司令神として八百万の神を統治

と、もの凄い働き者なのです(神様も忙しいのだ)

 

偉大な神は人一倍働き者なのだ!

この先、出てくる弟2神とだいぶ違う…

 

”天に光り輝く太陽”の女神であり皇祖神でもある

天照大御神=太陽神

このくらいは私も知っていた。

 

古代文明を見ても、やはり太陽というのは特別視されているし

神々の頂点に立つのは「太陽神」とすることが多い気がする。

 

太陽は「光」であり、

太陽のエネルギーが地球上の生命にとって必要不可欠のもので

生命を育んでいることを人類は太古の昔から感じ取っていたから

神格化するのも納得できる(^^)

 

ところが、日本における「天照大御神」を通しての太陽信仰は

世界各地に見るものとはちょっと違うのだ。

 

日本人は太陽そのものを神として崇拝するだけではなく、

同時に「日の神:天照大御神」に民族の祖神という想いも重ね祀ってきた!

天照大御神の子孫が「ニニギ尊」であり、神武天皇となるのだ。

 

天照大御神は皇祖神であり、同時に日本人の祖神だし

天を治める「八百万の神のトップ」なのだ!(カッコいい)

 

働き者で美しい太陽の女神が

天も地も日本を明るく照らしてくれているということに

浪漫を感じるわぁ(日本の母やん)

 

黄泉の国の長がイザナミ命で

この世の長が天照大御神

この世もあの世も「統治者」は女神やないか!!

 

「いつ」から世界は男尊女卑になってしまったのか…

各地の文明・神話と比較しても

女神を長とする日本の神話って珍しい気がします。

 

つづく。

(次回は天照の弟たちとの関係だよ)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村