プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【Semiotics】数と図形と法則:「2」Twoが象徴するもの~Dyad 2つのモノの関係性

f:id:mousoumajyo:20210618160732j:plain

「1が2を生み出す」話の続き

 

 

前回の続きです。

今回は1が生み出した「2」

その創造された2つのモノの関係性を考えていきましょう☆

 

BBAが曼荼羅や古代建築や自然界の幾何学模様に

込められた意味を知るために、見つけた1冊がこちら

 

 

 

「2:Dyad」は二者間の関係性を示す

 

英単語として「Dyad」の意味を調べると

  • 一対の
  • 一組の
  • 二分子
  • 2価の元素

などと出てくる。1が必要あって創造した「2」も

一対・一組という強い関係性を持つ2つのモノになる。

 

面白いのは「社会学用語」としての「ダイアド」には

「関係のある2者」としての視点だけではなく

「2者間にある関係」を指すというような

広い目で関係性を見るという視点があること。

つまりみんなどこかで関係しているということ。

統合的関係:接近、適応、同化、統合

分離的関係:競争、対立、闘争、反発

 

先にこの点を踏まえて、1が創造した「2」の2つのモノを追っていきましょう。

 

「1:Monad」が創造した「2:Dyad」は対立した二者をもたらす

<絶対なるもの>が創造原理<一なるもの>により創造した「2」

つまり「1:Monad」から生まれた「2:Dyasd」は、

「1」が自体を認識する為に創造活動によって

生み出された「2つのもの」ですよね。

 

これ、「1」が「自分を2つの表現に分けて創造したもの」っぽくないですか!?

 

<2>Dyadは感覚世界の基礎であり、

対立する二者をもたらす。

 

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

「対立する二者」というのが、どんなものかというと。

f:id:mousoumajyo:20210619154216j:plain

図形と数が表す宇宙の秩序より

 

こことても重要です。

今後の理解にとても大事な部分。

 

父と母により子である私が生み出されるのと逆の創造なのです!

私が「2人の人間」の融合により生み出されたのと逆で

<一なるもの>の創造は「1自身」を「対立する二者」に分けて表現してるんです。

 

ということは…

<絶対なるもの>が創造原理<一なるもの>によって

創造した万物は創造主を「対立する二者」で表現した片方なわけですよね!?

 

ここが非常に重要だと

私の中の何かが叫ぶので

ここをじっくりと自分の中に落し込んで

「二元性」の話に進んでいきましょう。

 

つづく。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村