プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【無知BBA知るを楽しむ】世界経済~進む機械化・自動化で労働者は市場から消えるのか?

f:id:mousoumajyo:20201115170517j:plain

「高い生産性」を支えるために進む機械化・自動化の中で

機械の生産性を支えるために機械の奴隷となって働く人間たち

更にその先は…無人化店舗や無人化工場??

 

 

無知BBAの経済の仕組みを学ぶ教科書

 ⇓

 

 

 

成長・拡大が義務づけられた市場経済

これまで見てきたように

市場経済・市場社会は未来からの価値の前借り、

借金で支えられているため「拡大・成長しなければならない」

 

成長・拡大が義務付けられている。

 

そのため「生産性の向上」に市場は必死になってきた。

産業革命以来、

あらゆる分野で工業化・工場化が進んでいる。

 

“機械は人間に服従を強いる”

f:id:mousoumajyo:20201115172448j:plain

機械による高い生産性が実現され

それを支えるために労働者は機械の奴隷になった。

 

生産する機械を停めないために

人が必死に働かねばならなくなった。

 

19世紀の思想家:カール・マルクス氏も

この点について指摘している。

今にはじまった事ではなく、

蒸気機関」が登場した時からの事実なのだ。

 

進む機械化・自動化の中で労働者は消えるのか?

無人化」が進んでいるように見える現在

技術・テクノロジーの進化により

更に加速する機械化・自動化の波は

市場から労働者を消し「完全・無人化」へ向かうのか?

 

この点について

カール・マルクス氏が興味深い指摘をしています。

f:id:mousoumajyo:20201115170517j:plain

 

労働者を守るための「安全装置」が

市場経済の仕組みの中に仕込まれているというのだ!

 

市場経済に存在する「安全装置」

f:id:mousoumajyo:20201115174043j:plain

 

その「安全装置」は

労働の機械化が進むほど強く働き

“人間が生産から全て排除されないように防いでくれる”

という。

 

へ~安心とすぐに納得するわけにもいかない、

だってマルクスさんは19世紀の人だもの…

今は21世紀ですよ!

市場も「取引の場」がネット空間に移動しちゃってますし

デジタル化も凄まじいですしね。

 

と、いうことで

次回からはマルクスさんの安全装置が今も働いているのか

更に詳しく「知る」作業に入っていきます。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

幻想の経済成長

幻想の経済成長