プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【無知BBA知るを楽しむ】世界経済~進む自動化・経済のイカロス症候群

f:id:mousoumajyo:20201116143825j:plain

太陽に近づくほど溶けていくイカロスの翼

経済も同じなんだって!?

 

 

 無知BBAが経済の仕組みを知るためにお世話になっている1冊

(無知BBAにもわかりやすく経済を教えてくれた恩師的本です)

 

 

進む自動化と経済のイカロス症候群

f:id:mousoumajyo:20201115170517j:plain

マルクス氏の云う「経済に組み込まれた安全装置」について知るための重要部分!

f:id:mousoumajyo:20201116143825j:plain

イカロスのように

”経済もゆっくりと痛みを伴いながら自動化に向かう”

というのです!

 

自動化というのは

高い生産性で経済成長を押し上げるけど

それは「イカロスの蝋で固めた翼」のように

高く跳ぶほど危険が伴うようなのです。

 

具体的に見ていきましょう。

 

人間がテクノロジーに置き換えられるたびに

自動化が進むと

製造コストが少しづつ下がる

市場競争が激しくなるにつれ

価格競争により価格も下がっていく

ある時点でテクノロジーが飛躍し

劇的な確変に入る

マイクロチップスマホなどの

高技術商品・精密品の製造コストがガクンと下がる

工場は人間の労働者を必要としない程自動化が進む

◆問題発生◆

自動化がどんどん加速していくが

自動化を支えるのは利益!

 

自動化⇒製造コスト下がる⇒企業の価格競争激化で価格も下がる

価格も下がっていく状況では

自動化を支える「利益」が蓄積されていかないのである。

 

進む自動化の真の問題点と安全装置

進む自動化が抱える問題点

「3つの力が価格をコスト以下に下げてしまう」こと

 

自動化でコストが下がる

②企業同士の過酷な競争により

 価格競争に陥り

 価格は生産コストをそれほど上回らなくなる

③人に変わり働くロボットは商品を買ってはくれない

 ロボットも機械も「消費者」にはならない

 (電気代や燃料、メンテナンス代は喰うけどね)

市場における需要が下がる

供給は過多になるので

更に価格を下げるしかなくなっていく…

 

f:id:mousoumajyo:20201115174043j:plain

カール・マルクス氏の云う「安全装置」とは

市場のこの仕組みを指すらしい。

 

自動化が進み

労働者がテクノロジーに置き換えられていくと

価格はやがて「利益を生まない」水準まで押し下げられる

工場の機械を動かす費用も賄えないため

工場は停止に追い込まれてしまう…

市場社会のイカロスの翼が溶けはじめる

 

労働者は消費者でもあるのだ。

労働者こそ一番の顧客になる存在なのだ。

労働者は企業の財産で宝なのさ。

そこを切り捨てたら…

自分の体から血を抜き続けるのと一緒みたいだね。

 

ここにきて、

従業員=人件費=抑えるべき費用

という考えを社会に持ち込み広めた「あの人達」の話と

繋がってきたようだ。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村