プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【無知なBBA知るを楽しむ】世界経済~世にも奇妙な「労働市場」の機械の中の幽霊

f:id:mousoumajyo:20201013143853j:plain

金融の黒魔術⑮の続きです。

黒魔術から「市場に棲む悪魔」編へ

市場社会を不安定にする「奇妙な商品=労働力」、労働市場を見ていきましょう。

 

 

できるだけ、学んだことを

ビジョンとして記憶に残すべく図・イラスト化していくよう特訓中

 

世界経済の仕組みをBBAにわかりやすく教えてくれる1冊

 

金融の黒魔術編で

どうして経済は成長し続けるのか?

何がその成長を支えているのか?

政府と銀行は国民に借金(ローン)をさせたがるのか?

破産で借金がご破算になる仕組み

など見てきて「なるほど」と無知なりに構造が見えてきたBBAです。

 

今回からは更に経済の闇の奥へ進んでまいりましょう。

 

 

選ばなけれは仕事はいくらでもある?

選ばなければ、高望みしなければ

仕事はいくらでもある?

f:id:mousoumajyo:20201013142925j:plain

失業するのは本人の仕事への姿勢の問題とする

失業を否定論者の主張には深刻な欠落があると

経済学者ヤニス氏は指摘している。

 

「狩人のジレンマ」が示す“市場に働く力”

f:id:mousoumajyo:20201013145816j:plain

このルソーが考えた寓話が

労働市場に働く不思議な力について知る手掛かりになるという。

◆「狩人のジレンマ」とは

力を合わせて鹿を狙うか、個人でウサギを狙うか?

f:id:mousoumajyo:20201013150246j:plain

狩人たちは、それぞれにウサギを追うよりも

全員で協力して鹿を仕留める方がいいと思っている。

この状況から生まれる結果は2つ

A:全員信じられれば、鹿を仕留められる

f:id:mousoumajyo:20201013150608j:plain

「全員が協力して鹿をしとめられる」と皆が信じているなら、

それぞれが鹿狩りに集中でき、鹿を仕留められる。

 

B:信じられなかったら、仕留められない

f:id:mousoumajyo:20201013151139j:plain

「誰かが裏切るかも?」

「鹿は無理そうだから、俺はウサギを狙おう」

と、力を合わせて鹿を仕留めるのは無理と思っている状況では

鹿狩りに集中することも、協力もできないので

鹿は仕留められない。

 

「狩人のジレンマ」のポイント

鹿狩りでは、狩人(私)の予想が現実になる

  • 信じることができれば、集中して結果を出せる
  • 信じることができなければ、集中できず失敗に終わる

楽観主義の不思議な力と

悲観主義の悪魔的な力を示す寓話とされる。

 

労働市場を動かす“機械の中の幽霊”

f:id:mousoumajyo:20201013152225j:plain

どんな状況でも、労働力を提供すれば

その分の交換価値を手にすることができる

そいうった市場ではない。

 

f:id:mousoumajyo:20201013152318j:plain

経済の先行きに対する“人々の楽観と悲観”

これが労働市場の機械の中の幽霊であり

その幽霊の中に悪魔が潜んでいる…(@。@;)!

だから

一律に賃金を下げても雇用は増えないし、

景気の先行きを悲観してリストラや雇留が増え、

失業を増やすことも。

ここが失業否定派の主張の欠陥部分

 

次回はマネーマーケットも含め

市場に棲む悪魔を突っついてみましょう。

ドキドキっ

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村