プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【140才まで生きるBBA】自分の主治医になるために~薬について知るための本(小さなおじさん)

悪魔が教える 願いが叶う毒と薬

ほほ~「なんとなくそんな気がしてた!」という部分を

成分解説で説明してくれるので「ほほ~」と読んでおります。

「小さなおじさんを見る人」の謎も解けてきたよ!

 

 

成分的に解説してくれるので

2度目の読書ではしっかりノートにメモを取ろうと思います。

 

まずは全体の流れを掴むため

ザーッと読み進めております。

 

なかなか「面白い」話運びで

市販薬から処方薬まで薬の作用・副作用から

薬業界の闇にまで触れてくれている

面白くて読みやすい本です。

 

悪魔が教える 願いが叶う毒と薬

悪魔が教える 願いが叶う毒と薬

 

 

私は市販薬や処方薬を

成分表示読まずに飲む「ただただ薬を信じる」という

盲信者だったのですが

最近は「そもそも人間の体はオートで健康を維持する」と

気が付き、逆に症状を緩和し大元の原因を放置し

無理できちゃう状態にする薬なら飲む時は注意がいるな…

と思うようになり薬について「知る」ことにしました。

 

40才になってから老化と闘って

自分の体で色々実験中なのですが

140才まで生きるためにも

「自分の主治医は自分!」であるために

動きだしております。

 

もちろん、自分で自分の健康を管理しながら

医師の助けがいる時は日本の医療を頼るつもりです。

 

医療や薬に安易にお世話になる前に

ちゃんと自分である程度知識を積んでおくべきだと

思ったからで、医療や薬を冒涜する気はありません。

 

ただ、医療や薬品業界も「ビジネス」色が強くなっているので

その辺の闇から自分の身を守るためであるのも否定できない。

 

何か「これは知っておくべき!」って思う学びがあったら

このブログに書いていきます。

同世代で140歳まで健康に生きるぞ~って方は一緒に頑張ろう!

 

世の中に「小さなおじさんを見る」という人が一定数いますが

私は見たことが無いので不思議に思っておりました。

昔話でも「小人」「小さな妖精」などが出てくるので

昔から一定数見ている人がいたのかも…と気になっていたのです。

 

でも、この本を読んで

薬の副作用と「小さなおじさん」の関係に触れている記述があった。

「なるほど!」と思うものに出会った気がします。

 

覚醒剤ではなく、覚醒作用、幻覚作用を伴う成分が入った薬は

けっこうあるのです。市販薬でも処方薬でも。

もちろん合法であり、微量含まれているだけ。

ただ、1粒当たりの含有量が微量であったとしても

その薬を常用したり多用したり、他の薬と一緒に服用している場合はどうでしょう?

 

悪夢を見る仕組みや

悪夢を見る作用がある薬の話とか

脳と関係あるのでおもしろかったです。

 

市販薬を多用している方は

一度読んでみて損は無い1冊ですよ。

 

では、また~☆

※また読書中

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村