プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAの精神修行】感覚に落ちた「すべてはひとつ」「相手もまた私」「他人は自分の鏡」の意味

f:id:mousoumajyo:20200823165747j:plain

そういうことか!と、寝起きに不思議な感覚で急に悟ることが増えたBBA私です。

頭で理解したことを睡眠中(夢の中?)で

感覚的な理解に落し込む方法がわかってきた気がする。

 

 

ある日、寝ている最中にいろいろな映像観ながら

「そういうことか!」と理解できたことがある。

 

このブログでも書いてきた、私の精神修行の参考書

禅の世界を西洋思想側から覗くこちらの本

 

“それ”は在る

“それ”は在る

 

 

この本に書かれていることが

「そういうことか!!!」と急に感覚的理解に落ちたのだ。

 

「すべてはひとつ」で私と他を分けるモノは本来何もない。

私の自我・エゴがひっしに自分と他を隔てる境界線をつくっているだけ。

相手もまた私であり、他人は自分を見る鏡。

私が見ている世界は全て、私の信念・観念・思い・認識が見せる幻想世界。

 

ってっことを頑張って頭で理解していたものが

ドカン!と落雷にあったように腑に落ちた。

 

f:id:mousoumajyo:20200823171110j:plain

私が私と思っているモノは

そもそも私の信念・観念・思想・認識・得た情報でできている。

 

f:id:mousoumajyo:20200823171327j:plain

私が「私以外」と向き合う時

私はその人を認識する為に

f:id:mousoumajyo:20200823171434j:plain

結局は「もともと自分の中にある情報」を

組み合わせてアレンジしているだけなのだ…

 

f:id:mousoumajyo:20200823171531j:plain

私がこうして目の前の人を認識するとき

それは「私の内にある情報のアレンジ」であり

それはどこまでも「私」なのだ。

 

もっと言えば「過去の自分のアレンジ」に近い。

この図の場合

私が「彼」と認識した像は「私の別バージョン」なのだ。

 

その意味では

どんな人とも共通する部分があるってことだよね。

 

最近、こういった感じの

本で読んだ知識が感覚にドンと落ちてくることが増えた。

たぶん狙いは違うんだけど「瞑想」の効果なのかも?

 

世界はもの凄く広くて、ものすごく狭いのかも。

すべては私の外側に広がっているようで

実は内側の世界なのかも。

 

境界線もベクトルも位置を示す点も実は無いのかもね。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

禅 (ちくま文庫)

禅 (ちくま文庫)

  • 作者:鈴木 大拙
  • 発売日: 1987/09/01
  • メディア: 文庫
 

 

 

禅に学ぶくらしの整え方

禅に学ぶくらしの整え方