プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】悩んでいる人の心にズカズカ攻め入る前に~この問いかけを

f:id:mousoumajyo:20210202155637j:plain

「僕に話を聞いてほしい?」「僕に相談したい?」

落ち込んだ様子のレナードに気が付き「悩んでいる」ことを知ったシェルドンは

レナードにこう声かけしてました。

 

 

何となく、シェルドンのこの姿勢に

大事なことを学んだ気がします。

 

 

 

ビッグバン★セオリー<ファースト>セット [ ジョニー・ガレッキ ]

 

 シーズン①第14話より

オタク卒業の法則

(※プライムビデオで視聴できるよ)

 

悩んでいる人に対して

相手が話を聞いてほしいかどうかを尋ねる前に

「何でも話して」とか「悩みを聞くよ」と

グイグイ親切の押し売りをしてしまうことってよくある気がする。

 

そっとしておいてほしいかもしれないのに。

グイグイ相手の心に無理やり押し入って

要らぬアドバイスをしてしまっていたかもなぁ(遠い記憶で反省中)

 

他人の心を読むのが苦手なシェルドンだからこそ

「わからない」から素直に聞くって姿勢大事かも。

相手の気持ちを勝手に察しないってのも大事だよね。

 

本日のフレーズを心に留めておこう。

 

Did you wanna talk about 

what's bothering you?

(何が君を苦しめているのか話したい?)

⇒僕に話を聞いてほしい?相談したい?

 

bother = 煩わせる、悩ませる、痛める

 

I'm sorry to bother you.

(お忙しいところすみません)

 

Don't bother.⇒どうぞ気にしないで、お構いなく

Don't bother me.⇒邪魔しないで、大きなお世話!、私に関わらないで

 

と使い方にはご注意ください。

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村