プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】「行けたら行く」という無意味な同語反復

f:id:mousoumajyo:20211106150146j:plain

「行けたら、行く」って世界共通の言い回しなんですなぁ…

この時の「来る確率」って何パーセントくらいなんですかね~

 

 

私が英語耳を鍛えるために

楽しく見ているドラマがこちら

 

今はシーズン2の中の表現を追ってるよ~

これから見る方はシーズン1から見てみてね~

 

Amazonプライムビデオで視聴できる方はこちら

ペニーとネトゲ廃人の法則

(シーズン2 第3話)

 

ペニーに対し「鍵屋さんに頼んでみれば?」と

至極まっとうなアドバイスをしたシェルドン

そんな彼にペニーが答える「I did」と

f:id:mousoumajyo:20211106150146j:plain

 

◎ペニー

He said he'll get here when he gets here.

(鍵屋さんの返事は)「行けたら、行く」ですって!

 

◎シェルドン

You're frustrated because he phrased his reply in a meaningless tautology?

(君がイラついてるのは、業者の返事が無意味な同語反復だったから?)

 

なるほどね~

「行けたら、行きます」「行けたら、行く」って表現

万国共通なんですかね(^^;)

 

でも、ついついその場しのぎで言っちゃうかも。

可能性は低いけどゼロじゃないって時の表現よね。

 

シェルドンの指摘にドキッとしたんですが

上手く取り繕ったと思えても

やはり「本心」は表現に漏れ出ちゃうもんなんでしょうね。

 

tautology

元はギリシャ語らしいです

 

勉強になるぜ~

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村