プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【手塚先生と飲んで語りたい】アニメ版「火の鳥」~「黎明編その一」の見どころ

クラインの壺 サイズM (ガラス製 / 高さ約9.5 cm) Klein bottle size :M Kleinsche Fläche

手塚先生と酒でもコーヒーでもいいので

飲みながら「火の鳥」の世界について話してみたい…私です。

 

 

人も宇宙もクラインの壺の様な構造なのかもしれません。

 

アニメ版火の鳥は全13話と

だいぶギュギュっとコンパクトになっているので

手塚先生と語るなら漫画版で完全コンプしなくては☆

 

 

私なりに各回の中で「凄い」と思ったところや

気になったところを紹介したいと思います~

 

 

アニメ版:火の鳥 ~第一話「黎明編 その一」

プライムビデオで視聴できる方はこちら

 

 

原作はこちら

 

【ざっくりあらすじ】

話の舞台は3世紀の倭(日本)、

火の山がある「ヒの国」(集落)にナギという少年が暮らしておりました。

 

ナギの姉ヒナクが謎の病に倒れ明日をもしれない状態に…

生死の境をさまようヒナクを救うため、

彼女の夫ウラジは「永遠の命の力を持つ」という

火の鳥の生き血を求めて「火の山」に入っていく。

火の鳥に矢を放ったウラジの運命は…

 

村の海岸に漂着した怪しい異国の男が捉えられる。

不審な侵入者として首をはねられそうになった男は

「私は薬師のグズリだ」と名乗り

医学の知識があるため村の役に立てると訴える。

 

村長が男にヒナクの病を治すように命じると

「足の傷から菌・毒が入り血が汚れたのだ」とグズリはいい

青カビを村人たちに集めさせる…

 

グズリのおかげでヒナクの容体は回復するが

この後村にとんでもないことが起きる!?

 

見どころ①火の鳥、ヒの国の「ヒ」

日本の神話ともガッチリ関係のある話になっているようなので

その辺も注目ですが、カタカムナをたしなむ(?)私としては

物語の始まりが「火の鳥」「ヒの国」であることに注目です!

 

  • 火の鳥=ヒの鳥⇒ヒノトリ
  • 火の山=火山⇒ヒの山⇒ヒノヤマ
  • ヒの国=火の国・肥の国(熊襲)⇒ヒの国⇒ヒノクニ

 

f:id:mousoumajyo:20210929172350j:plain

万物万象の創造のはじまりの「ヒ」(極微粒子)なんだぜ~

 

つまり、火の鳥のはじまりはカタカムナが示す「ヒ」だというわけです~

 

手塚先生はこの「ヒ」を「火」と表現しておりますが

もちろん「日」の意味も含まれていると思われます。

なぜなら、ヒミコを天照大御神と重ねて描いておられるからです~

ヒミコの弟がスサノオになってますから。

 

第一話に「ヒミコ」も深く関わってきますから。

 

見どころ②(イザ)ナギと猿田彦の出会い

日本創成の父神イザナギが投影されている少年・ナギ

この少年が因縁の相手として出会うのが猿田彦です。

 

猿田彦ヤマタイ国の防人(将軍)として

ヒミコの命を受け「ヒの国(村)」を滅ぼしに来たのです。

そしてナギの故郷を殲滅してしまうのです。

 

一人助かったナギは

村人を皆殺しにした猿田彦に飛びかかっていくのです。

 

猿田彦命がどんな神であるか?

知ることでこの後のエピソードに「なるほど」と唸ります。

古事記にある猿田彦命からは「天(高天原)と地上(葦原中国)を繋ぐ存在」

というイメージが強いです。

 

そんでもって、手塚先生が描く「火の鳥」では

どの時代でもこの二人が重要人物として現れます~

主に猿田彦ですけど(^^;)

 

たぶんアトムとお茶の水博士も「ナギと猿田彦」関係者だと思う。

 

見どころ③ヤマタイ国の高度文明

「ヒの国」と同時代にある「ヤマタイ国」の

文化・文明の差がとんでもないのです!

 

ヒの国の人々が病に倒れたら「祈祷」という方法に頼る一方で

ヤマタイ国の薬師グズリはヒナクの謎の病を「破傷風」と即判断!

そして青カビと豆油と水で治してしまうのです(すげぇ)

 

破傷風」と聞いて思い出す映画

 

更に軍事力が桁違いに違いすぎるのです(;;)

ヤマタイ国は軍隻に防人の鎧まで既に技術を持っており

火による合図(信号)まで用いているのです。

戦術まで…

 

ヒの国とヤマタイ国の「街づくり・都市計画」の違いを見れば

一目瞭然ですが、13話まで見終えると

どちらが「本当に優れていたのか?」は判断が難しくなります。

 

「その二」へつづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村