プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【手塚先生と飲んで語りたい】アニメ版「火の鳥」黎明編その四~見どころ

f:id:mousoumajyo:20211025142025j:plain

手塚治虫先生、一緒に飲んで語りたいっす!!

ということで夢の中でもいいから「火の鳥」談義したい私です。

 

 

アニメ版全13話ではじめて「火の鳥」の世界に触れましたが

たぶん原作漫画版で補完すべき個所も多いようです(^^;)

 

 

では、第4話の見どころいくよ~

 

 

◆アニメ版「火の鳥」黎明編その四

 

プライムビデオで視聴できる方はこちらです~

 

ヤマタイ国を目指す騎馬軍団「馬の民」

 

アマノユミヒコが火の鳥を矢で射った時

ヒミコもまた息絶えた…

 

ヒミコの後継者が不在のまま3か月が過ぎようとしていた。

ヤマタイ国に不安と混乱の波が立ち始める。

 

ウズメのおかげで、馬の民一行から脱出できた

猿田彦とナギだったが

猿田彦はここでナギに別れを告げる。

ヤマタイ国に戻り防人として馬の民と闘うための決断だった。

 

猿田彦とナギはこの戦乱の中、

激動の運命に飲みこまれていく。

 

見どころ①ヒミコ亡き後の国の政治不安

ヒミコがスサノオを反逆者とし投獄、

そして後継者を任命せずに死んだことで

ヤマタイ国に「政治的空白」ができてしまう。

 

政治的空白の危険性は「ラッカ」のドキュメンタリーを観るとよくわかる。

 

 

更に、ヒミコを怒らせたスサノオの意見を思い出してほしい。

「その三」で取り上げるべき個所だったのですが…

 

霊力・呪術で存在感を示し、民を従わせるヒミコに対し

スサノオはこう言います。

『呪術で国を治める時代は終わり、民が知恵をつけ始めている』

老いと死から逃れるために「火の鳥の不死の血」を求め

国力を使い狂っていくヒミコに至極まっとうな助言をしている。

 

「国民が賢くなっては困る、バカな方が統治しやすい」という

権力者や支配者の本音が描かれているシーンですな(手塚先生!!)

 

見どころ②猿田彦とナギの関係

家族とは、親子とは、人の縁とは…

こういった問いに対する

手塚先生なりの答えが「猿田彦とナギ」を通して

描かれている気がします。

 

縁は天から与えられるものではなく

自分で決めていけということですかね。

 

マジで、友と息子を守る猿田彦の壮絶な最期は

黒沢明監督に映画化してほしいくらいだぜ~

七人の侍(2枚組)[東宝DVD名作セレクション]

七人の侍(2枚組)[東宝DVD名作セレクション]

 

見どころ③猿田彦とナギの対照的な「死と再生」

猿田彦とナギの最期をしっかとご覧ください。

猿田彦の最期に妻ウズメがかけより

彼の子を腹に宿しているのが示される。

これに対し、ナギの最期は(私の考察ですが)

火の鳥に取り込まれ同化したんだと思われます。

 

ナギがイザナギである為かも。

ナギが火の鳥にとりこまれたと思うのは

このシーンが「未来編」にかかっているからでございます~。

 

猿田彦は妻との間に子を残し生命を繋いでいき、

ナギは神秘の存在・永遠を生きる「火の鳥」に取り込まれ

2人は対照的な形で「死から再生」を果たします。

 

火の鳥」は壮大な『生命の物語』なので

こうした対照表現に溢れております~随所に仕込まれている。

 

見どころ④火の鳥がタケルに語りかける

私が「ナギが火の鳥にとりこまれた」と思う理由の1つは

ナギの最期を共にした火の鳥

その後真直ぐに「ヒの国」のヒナク達のもとに向かったからです。

 

そして、マグマだまりから外に出ようと

崖をのぼるヒナクの子「タケル」に語りかけるのです。

火の鳥が自ら語りかける最初のシーンだった。

 

その言葉は短く”生きなさい”というものでした。

 

これは「火の鳥」から我々への永遠のメッセージなのかもしれません。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村