プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【手塚先生と飲んで語りたい】アニメ版「火の鳥」太陽編その一~見どころ

f:id:mousoumajyo:20211027153828j:plain

太陽編のテーマは「宗教と神と政治」です。

手塚先生の攻めの姿勢に圧倒されます。

 

 

 

 

漫画版は7世紀と21世紀の「宗教戦争」が交互に描かれているそうですが

アニメ版は21世紀部分をバッサリとカットし

主人公ハリマの7世紀編(壬申の乱)に全振しております~

 

 

◆アニメ版「火の鳥」太陽編その一

Amazonプライムビデオで視聴できる方はこちら

 

【ざっくり、あらすじ】

百済の王族ハリマは戦に敗れ、敵に捕らえられてしまう。

腕の刺青(印)から王族とバレ、

「普通には殺せぬ」と顔の皮を剥がされ

獣から剥いだ頭部を被せられてしまう。

 

気を失っていたハリマが目を覚ますと

獣(狼)の皮と自分の皮膚がしっかりと癒着し同化していて

剥がすことができない状態だった…

 

化け物、モノノケと人間に襲われたところを

占い師のオババに助けられる。

オババは薬草の知識もあり、ハリマの斬られた傷を治療してくれた。

ハリマの相を勝手に視たオババは、「お前の覇者の相にかける」といい、

運が開けるからと一緒に東の国「倭」を目指すことに。

 

途中、死にかけの男を助ける。

この男こそ、今回の戦を強行した将軍(猿田彦似)だった。

ハリマは怒りを抑え、この男を一緒に連れて行くことに。

 

こうしてハリマ一行は倭国

到着早々クゾクといわれる(犬神一族)に出会い

傷を負ったクゾクの娘を助ける。

 

土地神であるクゾクとオババの知恵、そして将軍の助けにより

ハリマはこの村の一員として迎えられ、暮らすようになる…

 

見どころ①獣の顔をした百済の王族

敗戦国の王族だからって

”顔の皮を剥いで、獣の皮を被せる”

という発想がすご過ぎる…

 

手塚先生が攻めているのは「百済の王族」の生き残りが

「覇者の運気」を秘めて倭国に入ってきたことを描いたこと!

先生…

 

 

 

まー他にも色々と噂はあるしね

 

 

んで、この獣+人間の姿がすごく強烈な印象なんですよね。

でも、最初はびっくりしつつも倭国の村の人たちは

すんなり受け入れ馴染んじゃうのよ。

 

やはり、八百万の神(多種多様な姿の神)と共に生きてきた日本人だからかなぁ。

 

龍神だったと云われる神武天皇のことも頭をよぎります。

 

 

 

見どころ②古代の占呪術と医術

黎明編のヒミコと太陽編のオババは

両者とも「占呪術と医術」に長けております。

そして両方ともがオババ=老婆=年長者なのです。

 

人が自然から知識を得て「智慧」として蓄積していく中で

この「占呪術と医術」は重要で核になるモノなのかもしれません。

東洋医学」の知識と知恵があるだけで

だいぶ自然と調和して生きる術を得られるしね。

 

 

 

 

 

見どころ③人間の側にいる八百万の神

八百万の神「クゾク」ですが

狼や野犬のような姿をしておりますが、人間型にも姿を変えられます。

 

日本における八百万の神とは

各地の土地神のことをさすようで

”人間より先にこの地に存在したものたち”

という表現がなされておりました。

 

自然を神格化したような異形の神々が太陽編では多数登場します。

古代日本人にとって「神様」ってすぐ側にいる存在だったんだなぁと。

”一緒に生活している感”が強いのが印象的です。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村