プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第13首~⑥イモ アヤカシコネ(神世7代の第6代女神)

f:id:mousoumajyo:20211109135627j:plain

第13首は神世7代の神々の名がズラッと並んでおります。

日本神話の天地開闢における神々…その神々の御名に込められた意味が凄いね。

 

 

サクサクいこう~♪

 

 

カタカムナ第13首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211115172142j:plain

一音一文字表記ではなくなってしまったので

なかなかパッと見では、どんな音符なのかわからないと思います。

でも、以下のカタカナ訳を声に出して歌として詠んでほしいっす。

 

カタカムナ第13首】

スヒチニ ツヌクヒ イモ イククヒ 

オホトノヂ イモ オホトノベ オモダル

イモ アヤカシコネ イサナミ イザナギ 

トヨ カブヌシ ウキフヌ マカハコクニ

 

実は第13首は出だしから日本神話の神々の名がズラッと並んでいる歌です~

しかも、天地開闢に登場する神世7代の神々の御名なのです!

 

◆「イモ アヤカシコネ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211117150631j:plain

  • イ(あらゆる生命体を構成する最小単位の粒子「イ」)
  • モ(現象の間に漂う)
  • ア(感じる、生命、現象化)
  • ヤ(飽和する、飽和安定・極限崩壊)
  • カ(潜象の根源力、創造の根源力)
  • シ(示し、司る、現象)
  • コ(転がり出入、コロコロ回転する、繰り返しの動き・働き)
  • ネ(根=地中でエネルギーを受けるも地上には見えない、充電、満たす)

ここから、音を連ねて「コトバ」にして解読を

進めていきます。

 

◆「イモ+アヤ+カシ+コネ」とは

●イモ

⇒現象の間に漂う、振動する生命粒子「イ」

 

アヤ

⇒潜象過渡(潜象の飽和安定・極限崩壊)の状態

⇒アヤの音の示し「彩」「文」=模様、X彩掛け結び、因縁

 

●カシ

⇒根源の力「カ」の示し

 

●コネ

⇒(カシ)の繰り返しの根になる

 

◆イモ アヤカシコネ=生成される生命の繁栄設計プログラム

これは私の解釈なのですが

イモ=現象の間に漂う生命粒子「イ」の

アヤカシコネ」とは

アヤ(模様・彩掛け結び)がキーワードで、

”生成される生命の繁栄設計プログラム”ではないかと思うのです。

 

同時に、潜象界からの無限の根源力を吸い上げる「根」にもなっているわけです。

イに打たれた「クヒ」は潜象の根源力を秘めた「ヒ」ですからね~

内奥に秘めた潜象の力粒子が潜象界カムの無限の力と通じているわけでしょう。

 

◆日本の神話における女神「アヤカシコネ

オモダルと対になる妹神「アヤカシコネ

オモダルが「完成した」ということを示し、

アヤカシコネは「讃美」を意味しますので

この神世7代の第6代の兄妹神は「人体の完備を神格化した神」なんですって!

 

カタカムナではまだまだ「生命のハジマリ」の状態ですが

それでも生命の繁栄構造を秘めた「種」くらいまでにはなったでしょう。

 

何だかんだで、

ここから一気に生命の生成が加速していきそうな予感しますよね。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村