プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第13首~⑨ウキフヌ(解読)

f:id:mousoumajyo:20211109135627j:plain

「ウキフヌ」…一音一音の示しからだけでは

さっぱりその姿が見えなかった謎の存在

「ウキフヌ」って何を意味していると思いますか?

 

 

 

カタカムナ第13首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211115172142j:plain

これは歌文献=声音符でもあるので

是非とも声に出して短歌や和歌、俳句のように詠んでほしい☆

 

カタカムナ第13首】

スヒチニ ツヌクヒ イモ イククヒ

オホトノヂ  イモ オホトノベ オモダル

イモ アヤカシコネ イサナミ イサナギ

トヨ カブシヌ ウキフヌ マカハコクニ

 

ウキフヌ…一番難解な部分かもしれません(^^;)

何を意味しているのでしょうか?

 

◆「ウキフヌ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211118140559j:plain

  • ウ(潜象界面から発生、生まれる)
  • キ(気、エネルギー、発生)
  • フ(増える、ふたつ)
  • ヌ(突きぬく、貫く、その奥に潜んだ主、潜象の力・存在)

ここから音を連ねて「ことば」にして意味を解読していきます。

 

◆「ウキ+フヌ」とは

●ウキ

潜象界面から現象界に生まれ出た、エネルギー発生(?)

「ウキ=浮き」このイメージが頭の中を漂います(--;)

 

●フヌ

ウキ=潜象界面から出現した「根源の力」(カ⇒ヒ・フ・ミ・ヨ・イ)

が増殖している+それは目には見えない潜態の力である

 

こんな感じでしょうか?

 

◆「ウキフヌ⇒ウキフネ」解釈(飛躍)

トヨ カブシヌが「原子の外殻の電子」に当たる

(⇒電子(サヌキ)と正孔(アワ)の正反四相(トヨ))

というならば、

ウキフヌは何にあたるのでしょうか?

 

ここでもまたカタカムナ解読の先輩方の解説を参考に

※「カタカムナ 相似」でググると出てくるブログ推し

 

カブシヌとは「カブシネ」のことらしく

じゃあ「カブシネ」って何だよっていうと

カタカムナ 相似」先輩曰く

「カ」が発生・重合・変還を繰り返して

アヤカシコネ」になった潜態のモノ(アマナ)の実質、

 

即ち、核子の陽子・陰子・中性子等の

正反四相(トヨ)に当たる

と、いうのです!!

 

カタカムナ人ったら説明不足過ぎよ~

ここまで深読みできないわぁ…

 

いや、私が現代にある知識のブロックしか持ち合わせていないからで

カタカムナ人は「ウキフヌ」って4音だけで

すんなりイメージできるのかもしれない…

 

段々と現象化が進んでいるので

このカタカムナ解読先輩方の読みはあってる気がします。

そう思って先に進んでいくのさ。

 

そして、マカハコクニ(原子)が姿を見せるよ~

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村