プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第17首~⑥ウキフ ツミ(解読)

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

「ウキフ」この音の響きが意味するもの…

今後登場する「ウキフヌ」…う~ん、重要な気がする。

でも、「これだ!」ってイメージ映像がまだ描けない、私です。

 

 

でも、一音一音の示しから

なんとか読み取っていきましょう☆

 

 

カタカムナ第17首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220110140139j:plain

※声に出して「音の響き」を感じてください

 

カタカムナ第17首】

カムナガラ トヨヒカミ アマウツシ

ヤホトヨノ ユツイキフタネフタハシ

ウキフツミ タカマカ カヅムスヒヌシ 

カタカムナ マカハコクニノ ヒトツカタ ツミ

 

では「ウキフ ツミ」の意味を考察していきましょう☆

 

◆「ウキフツミ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220110140850j:plain

  • ウ(生まれでる、潜象界と現象界の界面)
  • キ(気、エネルギー、出現、発生)
  • フ(ふたつ、増える、負)
  • ツ(集まる、津々、個々)
  • ミ(実体、光、実、身、生命力の実質)

音を連ねて「言葉」にして解読を進めましょう☆

 

◆「ウキフ+ツミ」とは

カタカムナ文字の示しで「ウキフ」と「ツミ」という

音の塊=言葉になっていますね。

 

●「ウキフ」

ウキフ=からしてえる

⇒潜象界と現象界の界面「ウ」から出現し、増える

 

「ツミ」

ツミ=集まる(ツ)ミ粒子

根源の力「カ」がヒ・フ・ミと変還した「ミの粒子」

 

●「ウキフのツミ」

潜象界と現象界の界面「ウ」から発生し、増えて、集まる「ミ」

⇒現象界に出現した、根源の力を秘めた「発生・増殖・重統合を繰り返す」ミ粒子

 

この「ウキフのツミ」が次に「何」になっていくのでしょうか?

 

◆古語で見る ツ+「ミ」

古語で見ると「ミ」というのは

  • 霊的な力を持つモノ
  • 神霊

と、まさに「この世界に働く偉大な力」をさす音のようです。

「神」をさすともいえるね。

 

オホワタツミ=偉大な海の神

オホヤマツミ=偉大な山の神

 

「ツミ=個々の偉大な神霊」を示す音みたいですね。

また「個々の神霊が1つに集まり纏まり、より偉大な力を持つ」様子も読み取れます。

様々な原子が集まって物体になるのと同じですね。

 

この先、「ウキフヌ」という重要語が登場しますが

その時に「ウキフ ツミ」の理解が役立つはず。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村