プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第14首~⑧オホワタツミ(解読)大綿津見神(ウミ神)登場!

f:id:mousoumajyo:20211109135627j:plain

遂に「ウミ神」が登場するよ~

潜象界面(ウ)から「ミ」が出現するよ~

 

 

 

カタカムナ第14首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211128164715j:plain

声音で響きを体感しよう!

 

カタカムナ第14首】

オホコトオシヲ イハツチヒコ イハスヒメ

オホトヒワケ アメノフキオ オホヤヒコ

カサケツワケノオシヲ オホワタツ

ハヤアキツヒコ イモ ハヤアキツヒメ

 

「オホワタツミ」が登場だよ~

綿津見神=偉大なる海の神霊 ですが

カタカムナが示す「オホワタツミ」は意外なものなのです。

 

◆「オホワタツミ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211207145453j:plain

  • オ(奥深く・潜象界の生命の根源と繋がる間、環境)
  • ホ(引き離す、正反発生+親和重合、思念、自然を司る循環エネルギー)
  • ワ(和、輪、環、調和)
  • タ(分かれる、独立発生、正反親和の状態で発生)
  • ツ(集まる、津々、個々)
  • ミ(実体、光、ミの粒子、生命力の実質)

では、音を連ねて「言葉」にして解読を

 

◆「オホ+ワタ+ツミ」とは

「オホ」

奥深く生命の源とと繋がる間(環境)で正反発生・親和重合を繰り返し

 

「ワタ」

大きく和した正反親和の状態で現象として発生した

 

「ツミ」

根源の力が変還した「ミ」粒子の集まり

⇒連なり集まった生命力の実質=集まった現象化の力

 

◆マカハコクニからオホワタツミへ

潜象界の根源力が粒子化・変化を繰り返し

正反発生+親和重合を繰り返し

どんどん大きなまとまりになっていく様子が説かれています。

 

「カの差」によって様々な変化性と方向性をもった大きな塊・纏まり

が遂に「オホワタツミ」にまで到達したよ~

 

原子(アトム)=マカハコクニ

f:id:mousoumajyo:20211118180333j:plain

 

から正反発生+親和重合と変還を繰り返して

遂に「オホワタツミ」=(生物)細胞になったよ~

 

 

おめでとう!

祝杯をあげよう☆

 

 

 

◆オホワタツミ:細胞と海~生命の誕生

生物細胞になった根源の力の変還物を「オホワタツミ」と呼び

それが日本神話では「海そのもの」を示す海神とされていることは

偶然ではないでしょう。

 

古代の日本人(我々の祖先)というのは

本当に宇宙の創造原理を深く理解し、感受していたのかもしれません。

五感ではなく六感、もしかしたら11感で感受していたりして…

 

生命のはじまり「生命細胞」と

「生命のはじまり」とされる「海」が繋がった。

 

オホワタツミは「海・生み・ウミ」の「ミ」なのです。

 

日本語の音の示しの構造と

日本の神話(神々・地の名)と

何かすごい仕組みを感じませんか!?

 

我々の祖先は自分たちの得た叡智を

石に刻まず、書に記さず、「日本語」という形で残してくれのかも。

この世界の真理を知るための道具であり

ヒントは日本各地に残る神々の御名や地名や物の名称で示されている…

なんたる「謎解き浪漫や~」

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村