プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第11首~④カミ サキ サトリ(解読)

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

日本語が非常に奥深い「造り」になっていると実感できて

感動中の私です(;;)日本語すごいっ 

 

 

 

カタカムナ第11首を声に出して詠む

f:id:mousoumajyo:20211104141213j:plain

たぶん、和歌・短歌・俳句のリズムで詠むとよいと思われます。

なぜ、日本人が古来より「言葉を歌で楽しんできたか」

そこには深い理由があるのかもしれません。

 

カタカムナ第11首】

イハフトヤ ネ イキツチノワ カタカムナ

アマノヒトタマ カミサキサトリ ニナタマノ

ワケミツ イキコトマリノ ワケヨミ

 

カミは「神」ではなく「カ」と「ミ」の力なんだぜ~

 

◆「カミサキサトリ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211105163628j:plain

  • カ(潜象カムの根源力「カ」、力)
  • ミ(カ⇒ヒ・フ・ミと変還した「ミ」粒子、実、光、実体)
  • サ(差、遮り)
  • キ(発生、気、エネルギー)
  • サ(差、遮り)
  • ト(重合、統合)
  • リ(離れる、対向発生)

 

ここから音を連ねて「言葉」にして

意味を読み解いていきましょう。

 

◆「カミ+サキ+サトリ」の示す意味

カタカムナ文字の一字が示す音の塊から

「カミ+サキ+サトリ」で言葉ができました。

◎カミ⇒万物万象を生む「根源の力」の「カ」と「ミ」

  • 万物万象の生成の核となる潜象の生命力(エネルギー)
  • 万物万象を形造り、実体化する「ミ」の力

ざっくりいうと 潜象の力「カ」と現象化の力「ミ」

 

◎サキ(サの発生)

カとミのチカラが様々に「発生・変還」を繰り返すことで

根源の力が変還した極微の粒子たちに様々な差が発生し

その「差」によって作用・反作用の現象が発生し

 

◎サトリ(覚り、悟り)

(カとミのちからにより生み出される)差によって重合・対向発生が繰り返され

現象として認知される(サトリ)わけである。

 

◆1・2・3・4・5の数の示しと重なる

この「カミ サキ サトリ」の部分…

【Semiotics】で追ってきた「数の示し」、

それも「1~5まで」を全て網羅してませんか!?

 

  • 1=絶対なるモノ(潜象の根源力)が2を生み
  • 2=対向発生(正反発生・陰陽)が3を生み
  • 3=2を通して1を表現(物質界・非物質界を示し)
  • 4=立体・3次元構造が出現し
  • 5=多様性・複雑化と「認識する者」が出現

 

3で出現した時空間と物体に4が「構造」を与え物体化を示し

それら生成されたモノ(時空間)が「存在する為」の5つ目の点

「認識者」の必要性が示されましたよね。

 

カミ=1~2

サキ=2~3

サトリ=3~5

 

と見事に「説く」内容が重なってる!!

私が【Semiotics】で苦労して理解・気付きに達した事を

カタカムナ人は「カミ サキ サトリ」でサクッと示し、覚っていたのかぁ。

 

縄文時代よりも先の日本に「ピタゴラス」級の知恵があったかも

って思うと胸が熱いぜ~

 

カタカムナ人の国(文明)は現在のどの地域にあったんですかね(興味津々)

古事記日本書紀などは中国地方を中心にした西日本地域ですが

東日本にも同様に「はじまり」の神話があり文明・国(集落)があった気がする。

噂では千葉県に「超古代日本で国らしき集落があった形跡」があるという…

(最近、小耳にはさんだのだ)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村