プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第20首のまとめ~「マクハヒ」意味を深掘り

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

「トキトコロのトコタチ」と「マクハヒ」に深い関わりがあたど~

「マ=現象の間」いわゆる「場の性質」をカタカムナ人は

ここまで理解していたのか!?って驚きでいっぱいです。

 

 

 

カタカムナ第20首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220124162533j:plain

第21首は更に難解になっているので

ここでしっかり第20首の示しを理解しておきたい。

 

カタカムナ第20首】

アマノカカミ アメノヨワロツ

トキトコロ トコタチ 

アメクニノ ヤホソトナミ

カタカムナ カタチサキ

アワセ マクハヒ

 

今回は「マクハヒ」を前回よりも深く追っていこう!

 

◆カタチサキ アワセ マクハヒ とは?

私が解読の参考に読ませていただいている

カタカムナ 相似」で検索すると出てくるブログによれば

”カすること(=重合(ト)発生(コ))が持続()されることによって

現象の形態(カタチ)が創られ、発生(サキ)する”

 

その「カタチサキ」の現象の形態発生のチカラの原理は

⇒「カ」と「ミ」の対向発生であり

⇒その実質は「サヌキ(現象化の力)とアワ(潜象界の力)」のフト(2つの重合・カカワリ)のマクハヒである

 

という事を示しているんだそうだ。

う~ん、ということは私の「マクハヒ」解釈は「フト」に近いか?

もっと「マ・ク」の示しが響く意味がありそうだよね。

 

◆「マクハヒ」が持つ想念

上記の解読の先輩がたによれば

”「マク」とは「マの自由な(ク)多様さ」を指しており、

「ハヒ」はその「マク」に対して正反(ハ)のバランスをとることが

現象化の根源(ヒ)なのだという悟り”なんだそうだ。

 

ここで注目したいのは「マク」である。

「現象化の間」というのは、その場・その場毎の多様性をもっている

と云うてますよね?

 

【現象化の間(空間)】

  • 宇宙全体(大宇宙)
  • 地球・太陽(惑星)
  • 海・山・街
  • 家・会社・学校
  • 私個人

その現象化の間、それぞれに「場の性質(トコタチ)」があり

それに合わせて「カとミ」の力はマクハヒしてバランスをとっていて

”その場(環境)に合った現象化を起こしている”というわけですよね!

 

基本的には環境にあった生成がそもそもオートで働くよう

全てが設計されているわけかぁ

 

◆万物万象はアワセ マクハヒによりできている

第20首が示しているのは、この世の「創造原理」そのものなのかも。

この世界、この宇宙の万物万象すべてが

潜象界の力(アワ)と現象界の力(サヌキ)のアワセ・マクハヒによってできている。

その「マクハヒ」の仕方(バランス・かかわり方)によって

様々な振動(ヒビキ)があらゆる生命・現象物の内外に発生している。

 

つまり我々も生命活動で肉体から熱エネルギーを放出しているが

脳で思考が生み出される時にも生命波動を出しているわけですな。

 

カタカムナ人はどこまでの波動を感受していたのか?

カタカムナ人がどこまでの波動を感受していたのか?

感受までいかなくとも、その存在に気づいていたのか?

非常に気になります。

 

解読の先輩たちによると「カタカムナ人の理解」はこんな感じ

【トキとトコロのトコタチ】

  • カ と マ
  • カ と ミ
  • アワ と サヌキ

この対向発生による正反2つが

トキトコロのトコタチ(性質)によて

アワセ マクハヒしてあらゆる現象が発生・変化が持続されている

 

ここまで見えてる人たちには

宇宙はどんなふうに見えてたんですかね?

 

この本で読んだ「宇宙の意識」とも交信できてたのかなぁ

 

たぶん、少なくとも電磁波や電磁力については知ってたんでしょうね。

このくらいの理解をしていたのかも


www.youtube.com

地球の重力、電磁力はもちろん

ミクロの世界で原子・分子・素粒子に関わる「強い力」「弱い力」も

その存在と仕組みを理解してたような気がする。

 

21首へつづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村