プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第18首~③アマ アメ オホトノヂ(解読)

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

どんどん先へ進もう~

だんだんと「現象化の間」で何が起きているのか詳細が見えてきたぞ~

 

 

 

カタカムナ第18首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220115152715j:plain

声に出して音を響かせよう~☆

 

カタカムナ第18首】

カムアシキネ アマタマノムカヒ

アマアメ オホトノヂ オホトノベ

アマクニムカヒ トコタチ

 

カムアシキネ(現象化の間・現象界)で

何が起きているのか、その続きを見ていこう~

 

◆「アマアメ オホトノヂ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220115153129j:plain

  • ア(感じる、生命、現象化、はじまり)
  • マ(間、真、受容、現象化の間)
  • メ(芽、思考、指向、渦の目)
  • オ(奥深く、広がる、環境)
  • ホ(引き離す、ほぐれる、正反発生+親和重合)
  • ト(重合、統合)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • ヂ(持続的に、凝縮)

ここから音を連ねて「言葉」にして解読を進めていきましょう♪

 

◆「アマ+アメ」とは

”アマ⇒アメ”という流れ・動きを示しているようです(ふむふむ)

「アの間」=生命・現象化の間=現象界アマ

”その「アの間」で根源の力「カ」が「アのメ」に変還して”

 

【アメ=生命・現象の芽(カの渦目)】

「アメとは」の復習

根源の力「カ」が「タ」して現象化の間で「最初のフトマニ・ヒ」となり

四相性・方向性を以って極限飽和(ヤ)まで変還を繰り返す「生命の力」を秘めた

極微の(生命現象化)粒子のこと

 

現代日本語感覚から読み解いても

”現象化の間で根源の力が「生命・現象の芽」となって現れる”

とれますね(^^v

 

◆アマアメ⇒「オホトノヂ」とは

アマ現象界で根源の力「カ」が「アメ」に変還して

オホトノヂ」する

オホはなかなか難解で私も未だに「ぼんやり」としか見えていない。

どうやら「潜象界の奥深くにある 現象化を起こす間・生命(力)の湧き出る場(環境)」みたいな感じなのです(^^;)

 

だから意味的には「現象化の間」なので

オホ=カムアシキネ

ですが、私はこの2つが「鏡合わせ」なのではないかと思っています。

”オホ⇒アマウツシしたら⇒カムアシキネ”

 

アマ現象界で根源の力「カ」がアメ(生命・現象の芽)となり

そのアメが”オホ=カムアシキネ=現象化の間”で「場の力(性質)」を受け

重合(ト)・変還(ノ)を持続(ヂ)して

 

ほほ~ここでオホを出してきたのは

潜象界から受け継いだ「場の性質・場の力・場の作用」を強調したかったのかな。

 

でも非常にわかりやすく、順を追って

解説しいてくれてるんですなぁ~カタカムナって。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村