プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第32首~①アマノカミ とは

では第32首の解読へ

 

 

 

カタカムナ第32首を詠む

声に出して音を響かせ内容をイメージしましょう☆

 

カタカムナ第32首】

アマノカミ アメノヨロヅ クナギノタマワケ 

アヤクメシコネ カムツミ シヅマリヌ

イツノタテカム アワナギ カサネ

アハヂノ ホノサ ワケ シマ イヨノ イヤシロチ

 

遂に「イヤシロチ」の示し来たぞ~

では出だしの「アマノカミ」から解読を

 

◆「アマノカミ」一音一音の示し

  • ア(感じる、生命、現象化、はじまり)
  • マ(受容、間、真、現象界の間)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • カ(ちから、根源の力)
  • ミ(実、身、光、実体、生命力の実質)

では、ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆「アマノ」+「カミ」とは

”生命・現象の間(アマ)で変還していく「根源の力」(カ)が実体(ミ)化し”

と一音一音の示しから読み取れます。

 

でもカタカムナ文字の示しを見ると「アマノ」+「カミ」となっているので

「カ⇒ミ」への変化を示して言うというよりも

「カ+ミ=カミの生成力(現象化力)」ということでしょう。

 

生成力・現象化力のフトマニ

=潜象の力「カ」+実体化の力「ミ」のことで、これは

  • ヤタノ+フトタマノ
  • 潜象カム界の力(アワ)+現象アマ界の力(サヌキ)
  • タカミムスビ+カムミムスビ

のことを指しており、すべてを丸っとひっくるめて「カミ」となっている。

 

現象界の万物万象を生成・維持・変化させる力なので、

細かい部分は吹っ飛ばして

イメージしやすくするなら「神の力」という解釈もできるね。

 

”アマ現象界に出現・変還した「カミ」の力”

まずはこう理解して先に進もう。

 

◆アマノカミ~天の神

「あまのかみ」の音は現代日本語でも

すぐにイメージが浮かんだのではないでしょうか?

 

”天の神”

これが「全ての神々」を指すのか…

日本神話の世界からイメージするに「天津神」のことかな。

 

次に来る音が「アメノヨワロヅ」なので

「天の神」が「天と地の万物」を創造していく解説がはじまる予感ですっ

 

アメの音が「天」と「雨」を示すことが

とても興味深く

現象界における生成エネルギーで可視なのは「水」であり

全ての空間を満たしているのも「天=雨」に感じます。

 

天の意を示す「現象エネルギー」の始原は水(海水・雨)に在るのかもしれません。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村